犬猫より飼い主が要注意!エキノコックス症という人畜共通感染症について

エキノコックス症は犬や猫だけでなく人にも感染する人畜共通感染症です。エキノコックス(多包条虫)という寄生虫が主に犬やキツネなどの肉食獣の小腸に寄生しますが、発症しても軟便や下痢をするくらいで特に目立った症状はみられません。しかし、何かの拍子で虫卵が人の体内に入ってしまうと犬猫よりも重大な症状を引き起こし、命にかかわるケースもみられるので注意が必要です。

 

【症状】症状は下痢程度

エキノコックスに感染しても、まれに下痢や粘液状の便がみられる程度で重い症状はあらわれません。これは、犬や猫またはキツネなどに対してエキノコックスの病原性が低いためです。そのため飼い主にとっては病気を発見することが困難であるといえます。

体内に侵入したエキノコックスは1か月ほど経つと卵を産み、その後も1か月~4か月の間卵を産みづつけます。卵は便とともに外へ排泄され、新たな感染源となります。半年ほどでエキノコックスの寿命が尽きて、片節(体の一部)や成虫が糞便とともに外へ排出されます。

 

【原因】エキノコックスという条虫が寄生する

エキノコックスと呼ばれる体長1.5~4.5cmほどの寄生虫に感染することが原因です。エキノコックスはネズミやリスなどの小動物を中間宿主とし、犬猫やキツネなどの肉食獣を終宿主として小腸に寄生します。エキノコックスは中間宿主である小動物の体内で孵化したあと、多数ののう胞を作って幼虫まで成長します。その感染している小動物を捕食することによりキツネや犬が感染して、体内で成虫になり糞便の中に多量の卵を排泄します。犬が虫卵を直接口にしても感染することはありません。

以前は北海道のキツネにみられる寄生虫とされていましたが、最近ではペットの移動の増加にともなって関東地方や中部地方でも犬への感染が確認されており、流行地域が広まることへの懸念がもたれています。

 

【治療】駆虫薬による治療

犬や猫に寄生している成虫に対しては、駆虫薬で駆除することができます。プラジクアンテルが含まれた薬剤はサナダムシに有効な駆虫薬で、ほぼ100%の駆除が期待できます。

 

【予防】流行地域では放し飼いにしない

エキノコックス症の流行地域では、ネズミの捕食を避けるために放し飼いにすることは避けましょう。犬同士では感染しませんし、虫卵を口にしても感染しないためキツネとの接触でも感染することはありません。あくまで体内に幼虫がいる中間宿主を捕食した際に感染するので、とくに流行地域の野山などではネズミやリスに注意しましょう。また、定期的に駆虫薬を投与することや、糞便検査を受けることも有効な予防方法です。

ちなみに人がエキノコックス症に感染した場合、犬や猫よりも重大な症状を引き起こします。卵が人の体内に侵入すると、5年~20年という長い潜伏期間をかけて肝臓内でのう胞を作ります。自覚症状が出ないまま重篤な肝機能障害を起こし、放置するとおよそ9割は死に至るとされています。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる