地域での徹底した予防も大事!鞭虫症の症状・原因について

鞭虫は犬に感染する一般的な寄生虫で、長さは5~10cm、細長い形をしており吸血性です。主に小腸に寄生するほかの寄生虫とは異なり、大腸、とくに盲腸にこのんで寄生します。この鞭虫に寄生されて鞭虫症を発症すると、血便や下痢などの体の不調があらわれます。

 

【症状】多数寄生で症状があらわれる

寄生虫の数が少ない場合ほとんど無症状ですが、多数の鞭虫に寄生されると大腸が影響を受け、腸壁に炎症が起きて大量の粘液を生産します。このため、粘液や血の混じった少量の水様性下痢を繰り返すようになります。鞭虫は一般的には盲腸に寄生しますが、感染が深刻になると大腸や小腸にも多数寄生するようになり、さらに症状が重篤化します。また吸血性で腸壁に付着して血液を吸うために貧血症状もあらわれ、毛並みがごわついたり、体重が減少することもあります。

 

【原因】ほとんどが経口感染

鞭虫という寄生虫が、主に盲腸や大腸に寄生することで発症しますが、感染経路はほとんどが経口感染です。鞭虫の虫卵は感染した犬の糞とともに排出されますが、野外で放置された糞便によって土壌や水たまりが汚染され、それらに直接接触したり、体に付着した虫卵をグルーミングの際に舐めてしまったりしたときに虫卵が口から体内に侵入します。

なお、鞭虫症は母犬から子犬へ胎盤などを通して感染する垂直感染が起こらないので、子犬が感染することはほとんどありません。

 

【治療】駆虫薬が効果的

症状があらわれ、それが鞭虫によるものかどうかは、検便で虫卵の有無を調べることで診断できます。診断後の治療は駆虫薬を使った内科的治療を行い、正しく投与すればほぼ駆虫が可能です。ただし虫卵はとても抵抗力が強く、自然界で数年間感染力を持ち続けるので、鞭虫が流行した地域では月一回の定期的な駆虫薬の投与が必要になる場合もあります。また、下痢や貧血の症状がひどい場合には、点滴や輸血で対症療法を行うこともあります。

 

【予防】地域全体での予防意識が重要

鞭虫の虫卵は非常に生命力があり、凍結や熱気などの過酷な環境の中でも生き延びることができ、汚染された地域では数年間にわたって繰り返し感染が確認されるほどです。定期的な駆虫はもちろん、屋外では水たまりや他の犬の糞に近づかせないよう注意することが予防になります。また散歩中などに愛犬の糞便を放置せず、持ち帰り処理することも地域社会の衛生環境を守るために大切なことです。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる