鉤虫症ってどんな病気?感染経路を知って予防しよう!

鉤虫という寄生虫が犬に体内に寄生すると、鉤虫症という病気を発症します。鉤虫の体長は約1~2㎝、吸血性で皮膚からも体内に侵入するという特徴を持っています。子犬の場合は発症すると重い貧血を起こすことがあり、また人にも感染するので飼い主も注意が必要です。

 

【症状】子犬は重症化しやすい

鉤虫症の主な症状は、下痢や貧血、腹痛、食欲不振などです。子犬が感染すると下痢や粘血便、体重の減少が見られ、重症化すると極度の貧血を起こして命にかかわることもあります。成犬の場合は比較的症状が軽く、毛づやの悪化、貧血、体重の減少、軽い下痢などの症状があらわれます。しかし、母親から胎盤感染または経乳感染した生まれて間もない子犬が発症すると、母乳を飲まなくなったり、重い貧血を起こしたりして衰弱し、命の危険がより高まります。また猫も犬同様に鉤虫症に感染することがあり、子猫では症状が重くなる傾向にあります。

 

【原因】鉤虫の感染経路

鉤虫(こうちゅう)とよばれる寄生虫が、体内に侵入して小腸に寄生することが原因です。犬が感染すると糞便とともに鉤虫の卵が排出されますが、それに汚染された土壌などが口に入ってしまい感染する経口感染、孵化した幼虫が皮膚を穿孔(穴を開けること)して体内に侵入する経皮感染、さらには母犬の胎盤や母乳から感染する胎盤感染・経乳感染などのケースがあります。鉤虫は鋭い牙を持っており、犬の小腸内で粘膜に咬みついて吸血しながら寄生します。それによって大量に寄生されると重い貧血を引き起こします。

 

【治療】駆虫薬と対症療法

寄生虫の駆逐が不十分であると再発するおそれがあるため、完全にいなくなるまで駆虫薬による治療を行います。下痢や貧血の症状を起こしている場合は、点滴や輸血などの対症療法を行って体力の回復をはかります。鉤虫症は人畜共通感染症なので、飼い主への感染を防ぐためにも、また犬自身の再感染を防ぐためにも、犬と過ごす環境は消毒するなど衛生管理を徹底します。

 

【予防】普段から衛生に配慮する

鉤虫の幼虫が潜んでいる可能性がありますので、散歩中などは水たまりの水や他の犬の糞便などに近づかないように注意しましょう。また愛犬の便を放置せずに処理して持ち帰ることは、衛生上でもマナー上でも大切なことです。母犬に子供を産ませる予定がある場合には、前もって寄生虫の検査を受けたり駆虫薬を飲ませたりして、子犬への感染を防ぐようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる