子犬への感染は要注意!コロナウイルス感染症の原因と症状とは?

コロナウイルス感染症は、コロナウイルス性腸炎ともよばれ、ウイルスが消化管に感染して主に下痢や嘔吐の症状を引き起こす病気です。成犬ではほとんど症状が出ないことも多くあまり心配はいりませんが、問題は子犬が感染した場合です。子犬がかかると症状がひどくなりやすく、命にかかわる場合もあるので要注意です。

 

【症状】子犬への感染には要注意

コロナウイルスの病原性はそれほど高くなく、成犬であれば感染してもほとんど症状が出ない(不顕性感染)か、症状が出たとしても軽度で済む場合が多いです。しかし、免疫力の弱い子犬が感染した場合には症状が強くあらわれます。食欲や元気がなくなり、下痢や嘔吐の症状が見られ、ときに便に血や粘液が混ざることもあります。症状が長引くと脱水症状を起こすケースもあります。この時、他の腸炎やパルボウイルスなどにも感染すると、前述の症状が重篤化しやすく命にかかわる可能性も高くなります。

 

【原因】感染した犬の糞便などから感染する

イヌコロナウイルスに感染することが原因です。感染経路は、すでに感染している犬の便や嘔吐物から経口感染します。便や嘔吐物を踏んだ足を舐めたり、においをかごうとして口が触れてしまったときにウイルスが体内に侵入します。ウイルスは小腸で寄生・増殖して炎症を起こし、下痢や嘔吐などを引き起こします。

ちなみに、猫もコロナウイルス感染症にかかることがありますが、猫の場合は体内でウイルスが猫伝染病腹膜炎ウイルスに変異するのが特徴です。猫伝染病腹膜炎ウイルスに変異して発症すると、治療が難しく致死率も高くなります。症状は、腹膜炎を起こし腹水や胸水がたまるウェットタイプと、肝臓や腎臓に障害が出るのに加えて神経症状もあらわれるドライタイプとがあります。猫伝染病腹膜炎ウイルスについてはメカニズムがまた解明されていないことも多く、治療も症状に応じた対症療法が行われます。

 

【治療】対症療法が中心になる

コロナウイルス感染症にはまだ有効な治療薬が存在せず、主に症状を和らげる対症療法が行われることになります。脱水症状を緩和させるために輸液を投与したり食事制限を行い、細菌への二次感染を防ぐために抗生物質や制吐剤を使用します。多頭飼育をしている場合は、感染した犬の隔離と飼育環境の消毒を徹底する必要があります。

 

【予防】子犬の頃から適切なワクチン接種を

コロナウイルス感染症の予防にはワクチン接種が有効です。子犬の頃から適切な時期と回数を守って接種を行い、未然に感染を防ぎましょう。またコロナウイルスは感染力が強いので、ふだんから飼育環境の衛生管理に気を配り、他の犬との不用意な接触に注意することも予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる