感染力が強く命の危険も・・・ジステンパーウイルス感染症とは?

ニホンオオカミ絶滅の原因として有名なジステンパーウイルス感染症は、犬だけでなくほとんどの食肉動物にとって感染の危険性がある伝染性、致死率ともに高い伝染病です。感染すると呼吸器、消化器、神経系に深刻な影響を与え、ワクチン未接種の1歳未満の子犬や免疫力の弱い老犬は、ときに重症化して命にかかわることもあります。

 

【症状】ジステンパーウイルスによる様々な症状

ジステンパーウイルス感染症の症状はさまざまです。発熱、せき、鼻水、くしゃみなど風邪のような呼吸器症状が出たり、あるいはワクチン接種済みの成犬はこれといった症状がないまま治ってしまうこともあります。

ワクチンを接種していない犬や、免疫力の弱い子犬や老犬などには嘔吐、下痢、血便、食欲不振などの消化器症状があわられます。全身にウイルスが運ばれ、結膜炎や角膜炎、目やに、体重の減少、皮膚炎などさまざまな症状がみられるようになります。全身症状として呼吸が荒くなる場合、肺炎を引き起こす可能性もあり注意が必要になります。

さらに重篤化するとウイルスが神経系にまで侵入し、脳炎や運動失調、震え、痙攣、麻痺など神経症状があらわれます。神経系が侵されると、病気から回復しても失明や痙攣発作などの後遺症が残ることもあります。神経症状は、呼吸器症状や消化器症状と同時に起こることもあれば、数週間から数か月後に発症することもあり、また急激に進行した場合は命にかかわることもあります。

 

【原因】ウイルスの接触感染と飛沫感染

ジステンパーウイルスに感染することが原因です。感染経路は、すでに感染している犬の目やにや糞便、唾液などの分泌物に接触することによる接触感染と、感染した犬の咳やくしゃみなどからウイルスを吸い込んでしまう飛沫感染とがあります。ジステンパーウイルスは非常に感染力が強く、ワクチンを接種していない子犬や、他の病気や高齢などで免疫力が弱っている犬はとくに感染しやすいので注意が必要です。

 

【治療】対症療法が中心となる

ジステンパーウイルスに対する有効な治療薬がまだないため、抗菌剤や抗生物質、抗てんかん剤、鎮痛剤などを用いて症状を抑えるための対症療法が中心となります。同時に、体力を補い免疫力を高めるために点滴を行うこともあります。また、他の犬への感染を防ぐために、接触を避けて隔離して治療を行う必要があります。

 

【予防】ワクチン接種による予防が大切

ジステンパーウイルス感染症は無症状で終わる場合もありますが、重症化するととても危険な感染症です。予防には定期的なワクチン接種が有効であり、伝染性と致死率の高さから接種が奨励されています。とくに子犬を飼い始めたら、適切な時期・回数のワクチン接種を受けるようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる