瓜実条虫症はどうやって感染するの?愛犬も飼い主もしっかり予防しよう!

瓜実条虫症とは犬条虫症ともよばれ、瓜の実が連なっているような形をした瓜実条虫という寄生虫が、犬の小腸に寄生することによって起きる病気です。瓜実条虫はノミの体内で成長し、犬がノミを誤飲することによって感染します。また猫やフェレット、さらに人にも感染する人畜共通感染症でもあります。

 

【症状】多数寄生では下痢や食欲不振

成犬が感染した場合、はっきりした症状が出ない無症状の場合が多いです。しかし多数の瓜実条虫が寄生している場合には、下痢、軟便、食欲不振などの症状があらわれます。また子犬が感染すると、激しい下痢を引き起こして体重が減り、毛ヅヤが悪くなったり発育不全に陥ったりします。さらに、肛門を気にしてかゆがったり、しきりに舐めたり床にこすりつけたりといったしぐさが見られることもあります。

 

【原因】瓜実条虫を保有するノミを口にして感染

瓜実条虫は瓜の種のような片節が長く連なったかたちをしており、体長が40~50㎝にも及びます。瓜実条虫はその卵を食べたノミの体内で孵化し、感染能力を持つまでに成長します。犬がグルーミングで自分の体を舐めた時などにノミが体内に入り込み、瓜実条虫は犬の体内で小腸に寄生し血液を吸って成長します。その後、犬の体内にいる瓜実条虫の卵は糞とともに体外に排出され、新たにノミに摂取されることになります。

ちなみに人が瓜実条虫症に感染した場合、同じく無症状であることが多いです。しかし、犬と同様に多数の条虫が寄生した場合には下痢などの症状が引き起こされます。感染経路も犬同様、ノミが誤って口から体内に入ってしまうケースです。愛犬に寄生していたノミが一緒に遊んでいるときに不意に口の中に入ってしまったり、ノミを見つけてつぶした後に手を洗わなかった時などに感染の危険性が高まります。

 

【治療】条虫とノミの駆除を行う

瓜実条虫に対する駆除薬を使用して治療を行います。それに加えて、条虫感染の原因となったノミも駆除薬を使ってノミ駆除を行います。ノミが寄生していれば再発の可能性が高くなるためです。人に感染した場合も、同じく駆除薬を用いて治療します。

 

【予防】宿主であるノミの駆除が大事

瓜実条虫症の予防には、その感染源となるノミの寄生と繁殖を防ぐことが不可欠です。ノミの成虫だけでなく幼虫や卵の駆除する必要がありますので、定期的にノミの駆除薬を投与したり、愛犬と人の生活環境をいつも清潔に保つようにするなど、予防を徹底することが重要です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる