ウイルス感染によって発症する胸膜炎とは??

胸膜炎(きょうまくえん)とは、胸の内部を覆っている胸膜と呼ばれる膜に炎症が生じる状態です。胸膜とは、肺の外側、および胸腔の内側を覆っている膜のことで、内部には胸水と呼ばれるわずかな潤滑液が含まれています。この胸水が溜まりすぎると胸水貯留を起こして、隣接している肺などを圧迫し、呼吸不全になります。また症状が進行し重症化すると、発熱して呼吸困難を引き起こし、命を落とすことがあります。

【症状】胸膜炎の症状

胸膜炎が軽度の場合は、呼吸が少々荒くなることがありますが、ほとんどの場合気づいてあげることができません。重度の場合は、前足を突っ張るような動作をしたり、運動することを嫌がって呼吸困難を起こします。同時に、咳が出たり発熱することもあり、食欲不振・元気消沈などの症状が見られます。また、胸水が増えて溜まってしまい胸水貯留になると、肺を圧迫して呼吸困難になり進行状況次第では、数日で命を落とすこともあります。他の呼吸器系疾患では、鼻汁が出るケースが多いのですが、胸膜炎の場合は、鼻汁が出るといった症状が見られないのが特徴です。

【原因】胸膜炎の原因

胸膜炎の原因として最も多いのが、ウイルスや細菌による感染症です。多くの場合、犬伝染性肝炎(犬アデノウィルス感染)を原因とする伝染性肝炎が引き金となります。また、胸に穴が開くなど外傷から病原菌が侵入して発症するというパターンもあります。障害物によくぶつかる犬や、他の犬とけんかして噛みあう犬が胸に穴が開きやすいです。外傷が原因で感染する細菌は、『ノカルディア属』、『レンサ球菌』、『バクテロイデス属』、『コリネバクテリウム』、『アクチノマイセス属』、『大腸菌』などです。また、ほかの部位にできたがんの転移によって胸膜炎が発生することがあります。しかし、ウイルスや細菌による感染症に比べると頻度は稀です。

【治療】胸膜炎の治療

まず、別の疾患によって胸膜炎を発症している場合は、それらの基礎疾患への治療が施されます。感染症が原因の場合は、投薬などの内科治療が一般的です。胸腔内部の液体に関しては、針などを胸腔に差込み除去していきます。胸水や膿が立て続けに溜まる場合は、連続的に排液を行う必要があります。自宅では、興奮させず、静かに安静させましょう。

【予防】胸膜炎の予防

胸膜炎の予防は、感染対策です。犬伝染性肝炎(犬アデノウィルス感染)には、ワクチン接種が有効です。若い時に1度摂取し、大人になったらもう一度摂取するようにしましょう。また、散歩の時に菌に感染してしまうこともあります。そのため、散歩中は、口に不潔なものを入れてしまわないように気を付けましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる