猫も風邪をひくの?やっかいな猫風邪の原因と対処法

愛猫がくしゃみをしたり、鼻水が出たり、なんとなく元気もない・・・それはもしかしたら猫風邪のサインかもしれません。猫は体調が悪くなってもそれを隠そうとする習性があり、飼い主としてはなかなかわかりにくいこともあります。でも、猫の風邪は長引くと慢性化して再発率も高くなってしまいます。早めに気づいて治してあげられるように、症状や対処法を前もって知っておきましょう。

 

【症状】ウィルスや細菌によって異なる症状

ウィルスに感染することで発症する猫の風邪。その症状はどのウィルスに感染するかによって異なります。

(1)ヘルペスウィルス(猫ウィルス鼻気管炎)

母体からもらった抗体がなくなる頃の、生後2~3か月の子猫が多く感染します。鼻水、くしゃみ、咳、発熱、食欲低下、結膜炎、角膜炎などの症状が見られます。

(2)カリシウィルス

カリシウィルスも、母体からもらった抗体がなくなる生後2~3か月前後の子猫がよく感染します。鼻水、くしゃみ、咳、発熱、結膜炎のほかに、口の中に炎症ができて痛みのために食欲不振になったり、よだれが出たり、口臭がきつくなったりするのが特徴です。症状が進行すると、軽い肺炎になったり、多発性の関節炎を併発する場合もあります。

(3)クラミジア

細菌であるクラミジアに感染すると、鼻水、くしゃみ、気管支炎、結膜炎の症状が現れます。クラミジアは目の症状が長引くのが特徴です。

 

【原因】感染猫との接触

猫風邪は人間と同じように、すでに感染している猫のくしゃみや咳、鼻水やよだれによって接触感染、もしくは飛沫感染します。また感染した経験が一度でもある場合、症状が回復してもウィルスが神経細胞などに潜んで、免疫力が低下したときに再び症状がぶり返すことがあります。

 

【治療】病原を特定して治療する

ウィルスが原因の猫風邪(ヘルペスウィルスとカリシウィルス)は、たんぱく質の一種であるインターフェロンを投与し、徐々に免疫力を高めながら治療していきます。細菌であるクラミジアが原因であれば、抗生物質を投与して回復をはかります。鼻水や結膜炎の症状がひどい時は、点鼻薬や点眼薬を使います。特に子猫や高齢の猫は風邪が重症がしやすく、いづれにしても自然治癒はあまり望めませんので、風邪が疑われる場合はすみやかに病院へ連れて行き、ウィルスを特定することが先決です。

 

【予防】ワクチンが一番の予防法

猫風邪には、あらかじめワクチンを接種することが一番有効な予防法です。接種すれば万が一感染してしまっても軽い症状で済みます。特に多頭飼いをしている場合は、一匹が発症すると他の猫にもどんどんうつってしまいますので、ワクチン接種が必須です。もしも一匹が風邪にかかってしまったら、隔離して接触させないようにしましょう。

また、室内飼いの猫が風邪を発症するのは、飼い主が外からウィルスを持ち込んでしまう場合が多いとされています。自宅で猫を飼っているのであれば、むやみに外猫には触らずに、帰宅後は愛猫と触れ合う前にしっかり手洗いをしましょう。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる