もしかして風邪?犬が風邪をひいたときの症状と対処法をご紹介

犬も人間と同じように風邪をひきます。症状も似ていて、咳やくしゃみ、鼻水が出たり、食欲が落ちてだるそうにしたりします。でも、人間の風邪と同じように軽く考えていると、思いもよらない症状を引き起こすことになる可能性が。人が考える風邪とは少し違う犬の風邪についてご紹介します。

 

【症状】風邪に似た症状

犬も人間と同じように、くしゃみや咳、鼻水や目の充血など体調不良になることがあります。こうした風邪のような症状はケンネコルフ(伝染性気管支炎)とよばれ、ウィルスや細菌による感染によって起こります。前述のような症状のほかに、食欲不振、嘔吐、発熱、下痢、目やになどの症状が出たら、ケンネコルフを疑う必要があります。ケンネコルフからの合併症や二次感染の病気によって危険な状態になる可能性もあるので、風邪だからと自宅で様子見せずに病院で受診するようにしましょう。

 

【原因】二つの感染パターン

ケンネコルフにかかる場合の感染経路は二通りあります。

(1)接触感染

すでに感染している犬の唾液、鼻水、排せつ物などの接触することにより感染します。

(2)飛沫感染

すでに感染している犬がくしゃみや咳をすることによって飛散したウィルスや細菌を吸引することによって感染します。

ケンネコルフは集団感染しやすいので、多頭飼いの飼育環境やペットショップでは特に注意が必要です。また、子犬や老犬、免疫力が低下して弱った犬もかかりやすくなります。

 

【治療】治療とケア

咳やくしゃみなどが出て、もしかして風邪かな?と思ったらなるべく早めに病院で診てもらうようにします。ケンネコルフだと診断されたら、ウィルスに対抗したり新たな感染を防ぐために抗生物質が投与されます。発熱や下痢、嘔吐などの症状を伴う場合には、それぞれの対症療法も同時に行われます。発熱時の脱水症状を予防するために、点滴治療が施されることもあります。

これらに加え、自宅でも愛犬がケンネルコフにかかった時にしてあげられることがあります。食事内容を消化の良いものに変えてあげたり、弱まった免疫力を補完するためにビタミン・ミネラルが豊富なフードを与えるなどの食事面のケア、エアコンなどで温度や湿度を適度に調節してあげるなどの生活面でのケアで、風邪症状からの回復を助けてあげることができます。

 

【予防】ワクチン接種で予防できる

ケンネルコフは混合ワクチン接種で予防が可能です。接種の義務はありませんが、特に子犬はケンネルコフにかかりやすいといわれていますので、予防接種を受けておくことをおすすめします。また、ウィルスや細菌を繁殖させないように飼育環境を清潔に保つことや、温度・湿度の調節に気を配ってあげることも予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる