子犬がかかりやすい病気「ジアルジア症」について

ジアルジア症とは、ジアルジアと呼ばれる原虫が小腸に寄生することで起きる寄生虫感染症です。成犬よりも子犬がかかりやすい傾向があり、他の犬や猫、人間にまで感染するので感染拡大を防止することが重要です。ひどい下痢が主な症状ですが、食べ過ぎや体調不良が原因の下痢との違いをよく見極めて、早めに治療を受けることが大切です。

 

【症状】重い下痢の症状

健康な成犬がジアルジア症にかかっても、無症状であることが多いです。しかし、子犬または若年齢の犬、もしくは衰えた老犬が発症した場合、水溶性および粘膜性の下痢症状がみられるようになります。悪臭をともなう薄い色の軟便を大量に排せつし、治ったり再発したりを繰り返しながら、長期間続くことがあります。小腸が弱って栄養を吸収できなくなり、体重が減少したり発育不全に陥ったりします。体力が落ちて他の病気にもかかりやすくなるので、下痢の様子やにおいがいつもと違うと思ったら、早めに病院で受診することをおすすめします。

また、ジアルジア症は人間にも感染する感染症で、感染すると犬と同様の症状が現れます。

 

【原因】病原体が口から侵入する

ジアルジア症は、病原体となる原虫のジアルジアを経口摂取することで感染します。感染した犬の糞便が屋外に放置されると、土壌や水たまりが病原体によって汚染され始めます。その水を舐めたり、土壌に触れたりすることで病原体が体内に侵入して感染が広まっていきます。また、多頭飼いやペットショップなど複数の犬がいる場所では、集団感染が起きやすいといわれています。

 

【治療】駆虫薬による治療

検便検査を経てジアルジア症の感染が認められた場合、駆虫薬と抗生物質を投与して、寄生虫の駆除と炎症の症状を抑える治療を併せて行います。多頭飼いの場合は他の犬への感染も考慮し、すべての犬に投薬を行うこともあります。また、再感染を予防するために、ゲージ内など犬の生活環境の消毒を行い、犬もこまめに洗ってあげましょう。

 

【予防】外出時には注意が必要

ジアルジア症への感染を予防するには、特に散歩など外出時における注意が必要となります。水たまりなど屋外の水を舐めさせないようにし、放置されている他の犬の糞便に近づいたりにおいをかいだりさせないようにします。ひろい食いもしないようにしつけましょう。また、愛犬の糞を片付けて持ち帰ることは、飼い主としてのマナーであり、他の犬への感染を予防することにもつながります。飼育環境を清潔に保ち、定期的に清掃することも大切です。万が一、ジアルジア症に感染してしまったら、ゲージや身の回りの物を熱湯消毒して再感染防止につとめます。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる