イヌヘルペス感染症とはどんな病気?

イヌヘルペス感染症は、イヌヘルペスウィルスに感染することによって発症します。発症するのは生後1~2週間の子犬がほとんどで、かかってしまうと下痢や嘔吐などの症状がみられた後に、出血や臓器の壊死を起こして急激に死に至る致死率の高い危険な病気です。

 

【症状】子犬が感染すると致命的

感染後、1週間ほどの潜伏期間を経てから発症します。発症すると母乳を飲まなくなり、吐き気、嘔吐、よだれ、下痢などの症状がみられるようになります。肺炎を起こして苦しそうに息をしたり、持続的に泣き続けたりもします。末期には運動失調などの神経症状が現れ、発症からおおむね4~7日ほどで死に至ります。

また、1匹の子犬がイヌヘルペス感染症を発症した場合、同じ母犬から生まれた他の子犬たちも感染している可能性が高くなります。

 

【原因】イヌヘルペスウィルスによる感染

イヌヘルペスウィルスによる感染症にかかるのは、出産直後から生後2~3週間の子犬に限っています。これは、体温調節がまだ不十分である子犬の体温と、36度前後で繁殖が盛んになるウィルスの特徴とに関係があり、また成犬に対してはほとんど無害であるといわれています。

感染経路はまだはっきり判明していませんが、母犬の体内で胎盤を通じて感染するケース、出産時に産道で感染するケース、または母犬の分泌物から経口感染するケースなどが考えられています。

 

【治療】まだ治療法が確立されていない

イヌヘルペスウィルスの生態についてはあまり解明されておらず、ワクチンも未開発の状態で、治療は事実上不可能です。輸血や抗生物質の投与も行われますが、生後すぐに死亡することが多く有効な手段とはいえません。

子犬が発症した場合、同じ母犬から生まれた兄弟も感染しているとみなし、隔離して対応します。ウィルスが繁殖しやすい温度よりも高温に設定した保育器などに入れ、体温を38度前後に保ちながら人工飼育をして命を守る方法もあります。

 

【予防】新たな感染を防ぐために

イヌヘルペス感染症は、ワクチンも存在せず、感染経路もよくわかっていないため予防が難しい病気です。もしも子犬が発症した場合、ゲージなど身の回りを塩素系洗剤で消毒し、飼育環境を清潔にする必要があります。また、この病気で死亡した子犬を産んだ母犬は、今後は出産させないという処置をとることも必要になります。もしも生後3週間以内の子犬に下痢や嘔吐の症状が見られたら、すぐに病院で診察を受けましょう。そうすることで、新たな子犬がこの病気で苦しむのを防ぐことにもつながります。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる