生まれ持った心臓の病気!時には死に至ることも…先天性心疾患ってどんな病気?

先天性心疾患は生まれながら心臓やその周りの血管などに構造的な異常(奇形)が見られる病気です。その症状は様々で、ほとんど症状がみられない場合や生後まもなく重度な症状が現れる場合もあります。

先天性心疾患は犬、猫以外に人にも発症する病気です。中でも猫は犬や人に比べると先天性心疾患の発症率はかなり低いと報告されています。

【症状】先天性心疾患の症状

先天性心疾患には心室中隔欠損症、動脈開存症、大動脈狭窄症、肺動脈狭窄症、ファロー四徴症等の種類があり、主に元気がない、疲れやすい、咳が出る、食欲がない、口を開けて呼吸する、息が荒くなる、失神、呼吸困難、皮膚や粘膜が青白くなる症状(チアノーゼ)などの症状がみられます。

また生後すぐに重い症状がみられ死亡する場合もあります。

【原因】先天性心疾患の原因

先天性心疾患の原因は未だ不明ですが、母親のおなかの中にいる胎児の心臓に何らかの異常が起こり心臓が正常に発達しなかったことや、もしくは遺伝的要因が原因として考えられます。

心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割を果たしていますが、心臓構造に何らかの異常が起こると、このポンプにも異常が起こり血液循環不全を起こします。この血液循環不全が、上記に記載してある症状の、疲れやすい、咳が出る、失神などの基本的な症状の原因となります。

先天性心疾患にかかりやすい猫種として『シャム』『スコティッシュフォールド』などが挙げられ、犬の場合『ニューファンドランド』『ゴールデン・レトリバー』などが挙げられます。

【治療】先天性心疾患の治療

先天性心疾患の治療法はその心疾患の種類によって異なります。

例えば心房中隔欠損症の場合、この病気は心臓の左心房と右心房の間に穴が開いている病気で、重症の場合、開いた穴を防ぐ為の手術を施しますが、手術の難易度は高く、非常に大変な手術が必要です。軽度の場合は特に治療を施す必要はないですが、定期的な検診が必要です。

手術以外の内科療法としては心臓の負担を軽減するためや、心臓の動きを補うための血管拡張剤や利尿剤、強心剤などを組み合わせ投与するなどがあります。

【予防】先天性心疾患の予防

先天性心疾患は先天性のため予防することは困難ですが、生後すぐに検診を受けることで早期発見に繋がり、早期治療を施すことができます。

また、ペットが心疾患を患っている場合、日頃からできるだけ激しい運動を避け、安静にすることで心臓への負担を減らし、悪化させないようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる