先天性心疾患のうちのひとつ、肺動脈狭窄症について~症状と原因~

肺動脈狭窄症は、犬の先天性心疾患のひとつです。肺動脈とは心臓の右心室から肺へと血液を送り出す動脈で、その入り口にある肺動脈弁とその周辺が生まれつき狭くなっている病気です。軽症であればほとんど症状があらわれないため一生病気に気づかないこともありますが、狭窄の程度が重篤であれば命にかかわる場合もあります。

 

【症状】狭窄が重症の場合は命の危険も

狭窄があっても症状が軽度または中程度であればとくに目立った症状があらわれません。他の犬に比べて運動をしたがらないなど運動不耐性がみられるくらいで、心臓の奇形に一生気が付かないこともあります。健康診断で心雑音がみられるなどして発見されることはありますが、ふだんの生活で飼い主が気がつくのは困難であるといえます。しかし重症の場合、興奮したり運動した際に呼吸困難で失神したり、ふらついたり、舌の色が白くなったり、乾いた咳、呼吸が苦しそうといった症状があらわれます。また腹水が溜まり、四肢のむくみ、腹部が膨らむなどの症状がみられる場合もあります。症状が深刻な場合は、心不全で死亡してしまうこともあります。

 

【原因】遺伝的要因の可能性がある

肺動脈狭窄症の原因はわかっていませんが、遺伝的要因が考えられています。先天的に肺動脈弁やその周辺が狭窄しているため心臓から肺へ十分な血液が流れなくなり、心臓への負荷が高まり心肥大を起こします。同時に肺動脈への血流量が減少するため、肺の血圧も低下して呼吸困難が起きます。

肺動脈狭窄症はすべての犬種に見られる病気ですが、その中でもブルドッグ、フォックステリア、サモエド、スコティッシュテリア、プードルなどに多く見られる傾向があります。

 

【治療】症状の程度により異なる治療

狭窄の程度が軽症の場合には、治療や手術をせずに定期検査をしながら経過観察のみ行う場合もあります。症状がはっきりとあらわれていたり、狭窄が重度の場合には、犬の体力や年齢を考慮しながら狭窄部分を広げる外科手術を行うこともあります。また、心臓に負担をかけないよう運動制限、塩分を控えた食事療法、もしくは強心剤や利尿剤を用いた内科的治療を行います。

 

【予防】早期発見のために定期検診を

肺動脈狭窄症は先天性疾患であるため予防は難しく、定期検診などで早期発見することが重要になります。検査を受ければ心音で気づくことができますので、症状が進行して治療が難しくなる前に定期的に健康診断を受けて早期の発見につとめましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる