高齢の小型犬がかかりやすい・・・僧房弁閉鎖不全症の症状について知っておこう

犬の代表的な心臓病である僧房弁閉鎖不全症は、老年期の小型犬に多くみられる疾患です。心臓にある僧房弁に異常が起きることで血液の一部が逆流してしまう病気で、犬が発症する心臓病のうち3分の2を占めています。

 

【症状】病気の進行にしたがい症状が出てくる

発生初期にはほとんど症状がありません。心臓が収縮するときに左心室から左心房へと血液が逆流し、その際に発生する心雑音が健康診断などで発見されることで気づきます。元気がない、疲れやすい、食欲が落ちたなど、老化にともなう変化と見分けがつきにくい症状が出ることもあります。病気が進行すると咳が出たり、運動や散歩を嫌がる、呼吸が荒い、腹部が膨らむ、失神、チアノーゼ(舌の色が青くなる)などの症状がみられるようになります。

 

【原因】僧房弁の変性が要因

心臓にある僧房弁という薄い弁が変性してしっかり閉じなくなり、心臓が収縮する際に全身へと送られるべき血液の一部が逆流し、心臓に負担をかけてしまうのが僧房弁閉鎖不全症です。このことが起因となり、心不全や肺水腫などを引き起こすこともあります。僧房弁が変性する原因ははっきりわかっていませんが、加齢や遺伝、歯周病菌との関連などが考えられています。キャバリア、マルチーズ、シーズー、ヨークシャーテリア、ポメラニアンなどの小型犬に多くみられ、また犬ほど多くはありませんが猫にも発症します。

 

【治療】症状の緩和と進行を抑えるための治療

進行性の疾患であるために、完治させることは困難です。心臓の負担を減らして症状の緩和と進行を抑えることを目的に、投薬による内科的治療を行います。日常生活のケアとしては、興奮して心臓に負担をかけることのないように散歩や運動は控えめにし、食事面でも心臓への負担につながる塩分の摂りすぎに注意しましょう。進行性の病気ですので、定期検診を受けることが大切です。呼吸困難やチアノーゼなど突然症状が悪化することも考慮して、病院への連絡方法など緊急時に備えておくようにしましょう。

 

【予防】定期検診で早期発見につとめる

僧房弁閉鎖不全症はすべての犬に発症する可能性がありますが、とくに発症例が多いとされている犬種であれば、定期的に健康診断を受けることが望ましいでしょう。放っておくとどんどん症状が進み、突然死してしまうケースもありますので、とくに高齢ではなんらかの異変が見られたら、できるだけ早めに病院で受診するようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる