フィラリアにも注意!もしペットが心房中隔欠損症ならば気をつけたいこと

心房中隔欠損症とは、それぞれ壁で仕切られている心臓の4つの部屋のうち、左心房と右心房の間にある壁に穴が開いている病気です。犬では比較的まれな先天性疾患ですが、息切れや疲れやすさなどの症状が出ることがあります。

 

【症状】穴が大きいと症状があらわれる

心房中隔欠損症は、心臓の左心房と右心房の間にある中隔とよばれる壁に穴が開いている病気です。その穴が小さい場合には、とくに目立った症状があらわれることはありません。しかし穴が大きかったり、ほかの心臓疾患を併発している場合には心臓や肺に大きな負担がかかってさまざまな症状があらわれます。軽い咳、疲れやすさ、元気の低下、運動を嫌がる、浅くて速い呼吸などの症状を示し、病態が進行すると皮膚や粘膜が青白くなるチアノーゼや、失神して意識を失うなどの症状が起こります。

 

【原因】先天性の心疾患

犬の発症はまれではありますが、先天性の心疾患です。左心房と右心房の間の心房中隔に開く穴は卵円孔とよばれ、胎児期にはたいてい開いていますが、出生後には自然と閉じていきます。しかし、それが閉じずに穴が開いたままの状態で肺や心臓に負担をかけてしまうのが心房中隔欠損症です。

 

【治療】心房中隔欠損症の治療と対処法について

心房中隔の穴が小さい場合には、とくに治療を必要とせず経過観察を行います。穴が大きい場合は、穴をふさぐ外科手術を行います。ただし肺高血圧症や心不全を併発しているなど、手術の危険性が高い場合には内科的治療のみが行われることもあります。

なお、心房中隔欠損症ではフィラリア対策を徹底することが大切です。もしフィラリアを併発すると、本来は肺動脈に寄生するフィラリアの成虫が卵円孔を通って左心房と右心房の間を移動するようになり、さらに大動脈から全身へまわって血管のどこかを詰まらせてしまう危険性があります。治療が遅れると、最悪のケースでは命を落とす可能性もあります。

 

【予防】異変があれば早めに受診する

心房中隔欠損症は先天性疾患のため、予防が難しい病気です。もしも愛犬や愛猫に、以前より疲れやすくなった、呼吸が浅くて速い、咳が出るといった異変がみられたら、早めに受診して早期発見・早期治療につなげたいものです。

もしもペットが心房中隔欠損症であるとわかったら、心臓への負担を避けるために激しい運動は制限するようにしましょう。また前述したように、フィラリア症を併発すると重篤な状態になりやすいので、フィラリア予防薬の定期投与など適切な方法でフィラリア予防を徹底することが大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる