犬の先天性の病気の中では一番多い、心室中隔欠損症ってどんな病気?

心室中隔欠損症は、先天性の心臓の病気です。通常であれば壁で仕切られ4つに分かれている心臓の部屋のうち、左心室と右心室の間の壁に穴が開きつながってしまっている状態をいいます。犬の先天性の病気としては一番発症頻度が高く、穴の状態によって心臓や肺にさまざまな障害をもたらします。

 

【症状】開いた穴が大きいと症状があらわれる

心臓の左心室と右心室の間にある壁を心室中隔といいます。この壁に開いた穴が小さく軽症であれば、特に症状が出ずに病気に気づかないこともあります。しかし穴が大きいとさまざまな症状があらわれ、肺にまで負担をかけることがあります。その場合には、疲れやすい、呼吸困難、運動を嫌がる、乾いた咳、呼吸が早い、発育不良などの症状がみられます。

 

【原因】心室中隔に欠損孔が生じる

心室中隔欠損症は先天性の疾患で、心臓の左心室と右心室の間の心室中隔に生まれつき穴が開いている状態です。胎児期や出生後には心室中隔に穴が開いており、通常であれば成長とともに組織が発達して壁ができ、穴はなくなります。しかし心室中隔欠損症を患っていると、心室中隔が十分に発達せずに欠損孔とよばれる穴が開いたままになってしまいます。欠損孔が開いている以外に心臓疾患がなかったり、穴が小さい場合には、大きな症状が出ないこともあります。欠損孔が大きければ、正常な状態とは反対に血液が圧の高い左心室から右心室へと流れ込み、肺に大きな負担がかかってしまいます。

 

【治療】内科的治療と外科的治療

穴が小さく症状が軽い場合は、経過観察を行い、必要があれば心臓への負担を軽減させるための食事療法や運動制限を行います。穴が大きく症状がある場合には、強心剤や利尿剤を用いて症状を和らげ病気の進行を遅らせる内科的治療を行います。また症状によっては、欠損孔をふさぐ外科手術を行うこともあります。まれに欠損孔が自然に閉じることもありますが、基本的には自然治癒は期待できません。

 

【予防】疲れやすいなどの変化を見逃さないように

心室中隔欠損症は先天性疾患のため、予防できる病気ではありません。しかし、どういった病気なのか、どんな症状が出るのかを知っておくことで、早期発見につなげることができます。とくに疲れやすい、息切れ、運動を嫌うなどの症状は、病気であるとの判断がしにくく見逃しがちです。小さな異変でも、それがずっと続いているようであれば病院で相談することをおすすめします。

また心室中隔欠損症にかかっている犬にとって、とくに気を付けたいのがフィラリア症です。心室中隔欠損症の犬がフィラリア症にかかると、早い段階で重症化してしまうため、徹底したフィラリア予防がより重要になります。フィラリア予防薬でしっかり予防してあげましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる