慢性心不全の症状って??

人間と同じように犬にとっても、心臓は全身に酸素や栄養素を運ぶポンプのような役割をする器官です。しかし何らかの原因によってその機能に異常が生じると、全身へ十分な量の血液が運ばれなくなり、様々な症状が引き起こされます。そのような症状が継続する病気を、慢性心不全といいます。

 

【症状】僧帽弁閉鎖不全症によって心機能が低下する

初期症状としてはあまり目立った症状が見られないか、心臓の雑音が聞き取れることがあります。進行すると血液が全身にうまく行き渡らなくなります。そうすると、心臓には普段よりも負担がかかり弱っていきます。その段階になると、運動量が減ったり、散歩の途中で歩くのをやめてしまったり、慢性的に疲れやすくなるなどの症状が現れます。さらに脳貧血で失神してしまうこともあります。このように犬の心機能に障害が生ずる原因として一番多いのは「僧帽弁閉鎖不全症」という病気です。これは心臓にある僧帽弁という薄い弁が、変性によって完全に閉鎖できなくなり、全身に送り出されるべき血液の一部が逆流してしまう病気です。これにより血液がうまく循環できなくなり、肉球が白っぽくなったり舌の色が紫に変色したりします。また、送り出すことができなかった血液が心臓に溜まって心臓が大きくなったり、肺に水が溜まったりします。そのために苦しそうな咳が続くことがあります。

 

【原因】心臓に負担をかける様々な要因

僧帽弁閉鎖不全症による慢性心不全は、主に加齢によって発生します。また、ストレスや塩分・脂肪の取り過ぎなどの生活の乱れや、心臓に負担のかかる激しい運動、感染症、不整脈などが原因となることもあります。

 

【治療】早期治療で進行を遅らせる

残念ながら現在は根本的な治療方法がありませんが、早期に発見することで治療によって進行を遅らせることが可能です。初期段階では目立った症状が現れない慢性心不全ですが、早期発見・早期治療がなによりも重要ですので、特に高齢の場合は日頃から愛犬の体調に気を注意しておきましょう。

適切な内科的治療によって、症状の進度や寿命に大きな改善をもたらすことができます。心臓の負荷を軽減させるACE阻害薬などの内服薬が投与され、症状に合わせて利尿剤や強心剤を使用して治療が行われます。

 

【予防】心臓へ負担をかけない

心不全の予防には、ペットの心臓に過度な負担がかからないよう注意することが必要です。激しい運動を避けたり、頻繁に吠えたり興奮して走り回るなどのクセは直しておいた方が心臓の劣化を抑えられます。また、生活習慣の見直しも重要になります。塩分や水分の取り過ぎに注意する、肥満を防ぎ標準体重を維持する、気温・湿度の調節に気を配る、ストレスを与えないようにする、等も心不全の予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる