愛犬の血が止まらない?それもしかして血小板減少症かも。

血小板減少症とは、犬猫ともにかかってしまう恐れのある病気です。この病気は血液の中に存在していて、血を固めてくれる作用を持っている血小板の数が減ってしまう状態のことを言います。

主な症状としてはちょっとした怪我にも血が止まりにくくなってしまう症状が見られます。すぐに治る病気ではないため、異変に気づいたらすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

【症状】主な血小板減少症の症状

犬の場合

犬の初期症状として多く報告されているのは紫斑(体のアザ)で、多くの犬が紫斑を原因に病院を訪れ、血小板減少症と診断されています。次に多いのが出血で、外傷からだけではなく、内出血や血便、血尿による出血もあります。その他、咳や発熱も見られることがあります…

猫の場合

また猫ちゃんの症状としては紫斑のケースは多く報告されていないのですが、やはり内出血や血尿、血便などは症状として出てしまうようです。その他、咳、発熱なども発症する場合があります…

【原因】それぞれの原因

犬の場合

犬の血小板減少症の原因は自己免疫疾患や遺伝など様々でそれぞれに異なった原因を持ちます。自己免疫疾患の場合は本来自身の体を守ってくれるはずの免疫システムが血小板を異物と判断し攻撃し破壊してしまいます。遺伝の場合は生まれつきの体質により、血小板の生産が低下してしまい、血小板減少症にかかってしまいます。

猫の場合

猫の血小板減少症の場合も原因は様々となっており、主に骨髄、脾臓の異常や自己免疫疾患、投薬などが原因として知られています。骨髄、脾臓の異常によって引き起こされる原因は、必要以上に血小板を破壊してしまったり、血小板の生産がうまくいかないなどがあります。自己免疫疾患による原因は犬と同様で免疫システムが血小板を異物と判断し血小板へ攻撃し破壊してしまいます。またワクチンなどの投薬が原因となることもありますので薬剤の使用の際は獣医師と相談し使用してください。

【治療】場合によっては手術も…

血小板が減少もしくは破壊されているかの原因により治療法は異なります。自己免疫疾患の場合は現在決定的な治療法は無いので免疫制御剤や免疫グロブリンを投与する対症療法になります。また、脾臓により血小板の減りがひどい場合、脾臓摘出手術が行われることもあります。

【予防】早期発見が大切。

予防としまして、まず血小板減少症の原因である自己免疫疾患への予防が大切です。バランスのよく取れた栄養価の高い食事とストレスの無い生活環境を心がけてあげるようにしましょう。また、症状としましては血が止まらない、体に紫斑が出るなど目で見て分かりやすいものが多くあるので少しの異変にも気づいてあげ、早い段階で病院に連れて行ってあげましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる