門脈シャントってどんな病気?原因や症状は?

「門脈シャント」とは聞きなれない病名ですが、どんな病気で、どんな症状が出るのでしょうか?遺伝的要素が高く2歳までの幼犬に発症することが多いといわれている門脈シャントは、門脈と呼ばれる血管と大静脈血管の間に異常な連絡路(シャント)が生じてアンモニアなどの毒素が解毒されず、さまざまな障害が生じる病気です。

 

【症状】先天性の場合は発育不良

シャント血管を持つ犬は、血管の場所や太さによってあらわれる症状もさまざまです。しばしば肝性脳症を起こし、神経症状としてけいれん、元気の低下、よだれ、徘徊、旋回行動、一時的な盲目、昏睡などの症状を起こします。先天性の原因による門脈シャントには体重が増加しない発育不良がみられます。また食欲不振、嘔吐や下痢、多飲多尿などの症状もあらわれます。

 

【原因】大部分は先天的要因

門脈シャントの原因のほとんどは先天性であるとされています。遺伝的な要素があり、その場合は2歳未満の幼犬に多く見られます。門脈とよばれる血管と大静脈血管との間に異常なシャント血管が生じることで、本来なら肝臓に流れて解毒されるはずのアンモニアなどの毒素がそのまま体中を循環してしまいます。その結果、障害が引き起こされる疾患です。

門脈シャントにかかりやすいといわれている犬種がいくつか確認されており、シェットランド・シープドッグ、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャーテリア、ラブラドール・レトリバー、シーズーなどがあげられています。

まれに慢性肝炎や肝硬変といった重度の肝臓病から後天的に発症するケースもあります。

 

【治療】先天性では外科手術を行う

先天性の門脈シャントでは、外科手術を行うことにより原因のシャント血管を封鎖して根本的な完治・延命を目指します。しかし、シャントの位置や状態、犬の健康状態によっては手術自体が難しいこともあります。

肝臓保護作用のある低たんぱくの食事を与えたり、薬剤を投与する内科的治療で症状の安定と緩和を促す方法もあります。

 

【予防】かかりやすい犬種は定期的に検査を

門脈シャントは、先天的な原因で発症することが多い病気であるため、予防は困難です。門脈シャントにかかりやすいとされている犬種であれば、病院で定期的に検査を受けて初期段階で早期に発見してあげましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる