増えてきたペットの糖尿病・・・人間との違いは?どうすれば予防できる?

人間の場合でも、生活習慣病といわれる糖尿病。ペットの間でも、肥満の増加とともに糖尿病の発症が増えてきています。糖尿病の原因は犬と猫で異なりますが、一度発症すると毎日の注射や食事管理などのケアが長い期間続くことになり、ペットにとっても飼い主にとっても負担の大きい病気でもあります。糖尿病の原因をよく理解し、あらかじめ防いであげたいものです。

 

【症状】よく食べるのに痩せてくる初期症状

糖尿病にかかった時の初期症状は、食欲増加、多飲多尿、それでいて体重は減ってくるのが特徴です。治療せず放置すると、やがて食欲が低下し元気もなくなり、嘔吐、下痢、物にぶつかる、痙攣、そして昏睡状態から死に至るこわい病気です。さらに糖尿病には、腎障害などのさまざまな合併症を起こすケースが多くみられます。

 

【原因】犬猫が糖尿病になる原因とは

糖尿病の原因は、犬と猫によって違いがあります。

(1)犬の糖尿病

すい臓の病気や、クッシング症候群(副腎の病気)にともなう糖尿病が多くみられます。いづれのケースにおいてもすい臓から分泌され血糖値を下げるはたらきをするホルモン・インスリンが不足するので、生涯にわたってインスリン注射が必要になります。インスリンが不足すると、本来は血液から細胞へ取り込まれて消費されるべき血糖がうまく取り込まれなくなり、血液中に残され高血糖状態、つまり糖尿病を引き起こすことになります。

(2)猫の糖尿病

猫の糖尿病の最も大きい原因は肥満です。食べ過ぎや運動不足などの生活習慣から起こるタイプで、人間の糖尿病と似ています。

 

【治療】異なる治療方法

原因が異なるので、犬と猫では治療方法も違います。

(1)犬の治療法

ほとんどのケースで体内でインスリンが作れないので、足りないインスリンを補充することに重点が置かれます。定期的および生涯にわたるインスリン注射と、規則正しい生活を送るなどの注意が必要です。血糖値を安定させるために、食事療法も同時に行っていきます。

(2)猫の治療法

体重を減らすだけで症状が改善する場合もあります。適度な体重の維持と血糖値コントロールのために、食事療法が行われます。近年では犬の治療と同様に、インスリン注射を行ってすい臓の分泌物を温存させる治療方法も増えてきています。

 

【予防】体重の増加に注意する

糖尿病にはさまざまな原因があるため、はっきりした予防法はありません。体重増加は糖尿病の原因のひとつですので、過度な肥満にならないよう気を付けてあげまることが大切です。特に避妊手術後は体重が増加しやすいので注意しましょう。また犬も猫も加齢とともに糖尿病の発症が増えてくるので、中年期以降のペットであれば糖尿病にかかる可能性があることも心に留めておき、日頃の様子をよく観察するようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる