拡張性心筋症とはどんな病気?症状や原因は?

心筋症とは、心臓の病気の一種です。心臓を構成している筋肉が何らかの原因によって正常に働かなくなり、心臓の動きが弱くなり全身に十分な血液が行き渡らなくなります。重篤化しやすく、最悪の場合は突然死を引き起こすこともあるので注意しなければならない疾患のひとつです。心筋症には「拘束型」「肥大型」などもありますが、犬に多いのはこの拡張型心筋症です。

 

【症状】急に元気がなくなる

初期段階から、元気がなくなる、食欲低下、運動を嫌がる、などの症状が現れます。進行すると腹水が溜まったり、咳が出たり呼吸困難を起こすこともあります。なかには失神したり、最悪の場合突然死するケースも見られます。

 

【原因】正確な原因は不明

拡張型心筋症では、心筋が薄く伸びて収縮力が弱まることで血液の循環不順が起こります。正確な要因はわかっていませんが、タウリンとカルニチンが不足すると心臓肥大につながるという栄養性の原因が考えられています。また、大型犬や超大型犬に発症例が多く、遺伝的要因もあげられています。拡張型心筋症になりやすい犬種は、アメリカン・コッカー・スパニエル、ダルメシアン、グレート・デン、ドーベルマン、ボクサー、セントバーナードなどです。

 

【治療】内科的治療と日常のケア

症状に合わせた内科的治療が行われます。強心剤、血管拡張剤、抗不整脈剤、利尿剤などを投与するとともに、カルニチンやタウリンを補って心機能の改善をはかります。

日常生活では、激しい運動を避けて犬を安静にさせるとともに、塩分を控えた食事を与えて心臓の負担を和らげます。拡張性心筋症は進行性の病気であるため、症状の進行や突然死を防ぐために、症状が軽くなっても治療を継続する必要があります。

 

【予防】気になる症状があれば病院へ

拡張性心筋症の原因は不明である場合が多く、予防が難しい病気です。しかし、タウリンの不足により引き起こされる場合があるので、特にこの病気にかかりやすいとされている犬種であればフードにタウリンが含まれているか確認するとよいでしょう。また肥満は心臓に負担をかけるので、体重管理にも気を配りましょう。愛犬を日頃からよく観察し、疲れやすい、運動をしたがらない、食欲がなく痩せてきたなど、気になる変化が見られれば早めに病院で相談しましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる