血が止まらなくなってしまう血小板減少症とは??

血小板減少症 とは血液中に存在し、血を固める作用を持つ血小板が減ってしまい、出血しやすくなったり止血しにくくなる病気です。血小板は血液に含まれる細胞成分の一種で、血管が損傷した時に集合してその傷口を塞ぎ、止血する役割を担っています。基本は血小板は生産量と除去する量が釣り合っていますが、作られる量が減少するか、使用する量が過剰になることで、血小板が減少していきます。

【症状】血小板の減少の症状

血小板が減少すると、皮膚の内出血や口の中に点状出血がみられます。傷口ができてしまうと、持続的に出血し出血が止まりにくくなります。鼻血、血尿、血便、吐血、目出血などの出血が止まりません。その他打診で体に斑点が現れる、肝臓や脾臓が腫大することや、苦しそうに咳をしたり発熱を発症したりが多くなるといった症状がみられます。

【原因】血小板の減少の原因

血小板の減少は、先天性の遺伝的な要因で血小板の生産量が減ってしまう場合や、ウイルスに感染することで発症することがあります。犬で多いウイルスは、『ジステンパー』、『パルポウイルス感染症』、『レプトスピラ症』、『フィラリア症』などです。血小板を作り出している骨髄が異常を起こしたり、血小板を破壊する作用を持つ脾臓(ひぞう)の異常が原因のこともあります。また、薬物の投与によって血小板が破壊されることがあります。なりやすいと言われている薬物は、『エストロゲン』、『リバビリン』、『フェニルブタゾン』、『アルベンダゾール』、『フェノバルビタール』、『メチマゾール』、『サルファ剤』、『アンギオテンシン換酵素阻害薬』などです。

【治療】血小板の減少の治療

始めに、血液検査や尿検査、X線検査や超音波検査で原因を調査します。そして、癌や腫瘍が原因の場合は、腫瘍の摘出手術を行います。外科的手術やステロイド、抗生物質や抗がん剤の投与などで治療をします。自己免疫疾患が原因の場合は、免疫抑制剤などの対症療法を施します。脾臓に原因がある時は手術で摘出する場合もありますが、予後の状態はあまりよくないです。

【予防】血小板の減少の予防

血小板の減少の原因は様々ですが、健康で安全な犬の飼育環境を心がけていれば発症のリスクを下げることができます。また、定期的な検査と健康診断、ワクチンの接種が大切です。異常があっても放置するのは大変危険です。飼い主は、早期発見し、病院にすぐに連れていくようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる