もしも愛犬が悪性リンパ腫にかかってしまったら・・・症状や治療法は?

犬のリンパ腫は、悪性リンパ腫またはリンパ肉腫とよばれる悪性の腫瘍のことです。全身に存在しているリンパ組織がガン化した状態で、解剖学的には「多中心型」「縦壁型」「消火器型」「皮膚型」などに区分されますが、犬の場合は約80%が「多中心型リンパ腫」だといわれています。犬の飼育環境が改善された現在では、高齢になって悪性腫瘍(ガン)にかかる割合が増えていますが、若齢の犬でも発症することがあります。

 

【症状】さまざまなリンパ節にしこりや腫れ

犬の悪性リンパ腫は、リンパ系のどこがガン化するかによって症状が違います。犬に多い「多中心型リンパ腫」では下あごや腋の下、股の内側、ひざ裏など、体表のさまざまなリンパ節に腫れやしこりができます。その他の目立つ症状としては、元気がなくなる、食欲が低下する、体重が減る、下痢・嘔吐、運動をしたがらない、などが挙げられます。末期になると体が痩せてきて免疫力が低下し、他の感染症にもかかりやすくなります。

また、悪性腫瘍細胞が他の組織へ移転して、体の様々な部分で異常が発生するようにもなります。腸内で腫瘍が肥大化し腸閉塞を起こしたり、肺へ移転して呼吸器不全に陥ったりして、症状が重篤化していきます。

 

【原因】明確な原因は不明

犬の悪性リンパ腫の原因として、強い磁場や除草剤などのさまざまな要因が推測されていますが、正確な原因はわかっていません。特定の犬種において悪性リンパ腫の発症率が高いとされていて、遺伝的素因も挙げられています。リンパ腫を発症するリスクが高いとされているのは、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバー、ボクサー、バセットハウンド、スコティッシュ・テリア、セントバーナードなどです。

 

【治療】化学療法が基本

悪性リンパ腫と診断されたら、抗ガン剤治療による化学療法がメインとなります。しかし、リンパ腫によっては転移した腫瘤を外科手術によって取り除く外科的処置がとられることもあります。

リンパ腫にかかっているほとんど犬は化学療法によく反応し、治療後にはおよそ8割がリンパ腫の腫れがひいて寛解するといわれています。しかし化学療法の目的は犬の生活の質(QOL)を向上させることであり、再発の可能性もあることを理解しておく必要があります。

 

【予防】はっきりした予防法はまだない

悪性リンパ腫は原因が明確になっていないため、はっきりした予防法もまだありません。しかし、毎日のケアの中で免疫力を高めたり、早期発見から早期治療につなげることは可能です。適度な運動やバランスの取れた食事に気を配り、遊びやふれあいのなかでストレスをためないように注意してあげましょう。定期的に健診を受けたり、少しでもおかしいと思ったら獣医さんに相談して、愛犬の健康を守ってあげたいものです。

 

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる