生まれつき心臓内に穴が開いている!心房中核欠損とはいったいどんな病気!?

心房中隔欠損(しんぼうちゅうかくけっそん)とは先天性の心臓病です。犬・猫ともに人間にも発症することのある病気です。主に左心房と右心房という心臓の部屋を分けている壁に欠損孔と呼ばれる穴ができてしまうというものです。発症すると咳症状、呼吸困難などが現れます。

【症状】心房中隔欠損の症状

心房中隔欠損は軽症の場合、日常生活では何も症状が現れません。しかし、散歩や外出の際に走ったり、激しい運動後に軽い咳症状を起こす可能性がある為、注意が必要です。症状がはっきりしてくると、軽い運動であっても息切れがしたり、食欲が低下したりします。その後症状が進行すると、チアノーゼ症状(皮膚や口内、舌が青紫色になる症状)が現れます。重症の場合、呼吸困難に至り意識を失うこともあります。心房中隔欠損症をもっている愛犬・愛猫がフィラリアを発症してしまった場合、フィラリア成虫が心臓内に侵入し、欠損孔を通り右心房から左心房に移動します。その結果、フィラリア成虫が末梢の動脈血管に流入し、重い動脈塞栓を引き起こすことがあります。ひどい場合には、死に至ります。フィラリア予防は必ず行ってください。

【原因】心房中隔欠損の主な原因

心房中核欠損は先天性の心臓病です。生まれつき心臓に奇形(欠損孔)がある為に発症します。その為、発症確率の高い犬種が報告されています。好発犬種は『ボクサー』『ドーベルマン・ピンシェル』『ミニチュア・ピンシャー』『マンチェスター・テリア』『オールド・イングリッシュ・シープドッグ』『サモエド』になります。

好発猫種は現在報告されておりません。

【治療】心房中隔欠損の治療法

心房中隔欠損は欠損孔が小さい場合、特に治療を必要としません。しかし成長後に上記のような症状が現れることがある為、経過観察が必要です。大きな欠損孔がある場合、外科手術が必要になります。手術方法は主に欠損孔を塞ぐというものです。ただし、すでにうっ血性心不全を発症し、手術による危険性が高い場合、内科的治療のみが行われることもあります。

【予防】心房中隔欠損の予防法

心房中核欠損の予防法は非常に困難です。なぜなら先天的な遺伝子疾患なので自宅で飼い主が心房中隔欠損を発見することができないからです。もし愛犬・愛猫に咳症状、生後間もないのに元気がないなど、少しでも気になる様子があれば早期に動物病院で診察を受けましょう。また、フィラリア症を併発すると命に係わる非常に危険な状態になります。フィラリア予防薬の投与で予防は事前にしっかりと行ってください。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる