赤血球を壊してしまう!ホスホフルクトキナーゼ欠損症とはいったいどんな病気!?

ホスホフルクトキナーゼ欠損症とは、何らかの原因で血液中の赤血球が破壊され、全身に酸素がいきわたらなくなってしまう病気です。赤血球は肺から得た酸素を取り込み、心臓などを中心に全身に酸素を運び供給する役割があります。しかしホスホフルクトキナーゼ欠損症を発症すると、赤血球の本来の働きが出来なくなってしまいます。その結果、酸素運搬能力が低下し、全身が酸欠状態に陥ってしまいます。

【症状】ホスホフルクトキナーゼ欠損症の症状

ホスホフルクトキナーゼ欠損症を発症すると以下のような症状が現れます。

  • 食欲不振
  • 運動障害
  • 元気低下
  • 口内粘膜が蒼白
  • 黄疸(白目や口内粘膜が黄色)
  • 尿の色が濃くなる(赤茶色に近い状態)
  • 呼吸困難(重症時)

【原因】ホスホフルクトキナーゼ欠損症の主な原因

ホスホフルクトキナーゼ欠損症の原因は全身に酸素を供給できなくなることで、貧血状態になり、この欠損症を発症します。主に先天性と後天性の2種類に分かれます。先天性の場合、生まれつき赤血球が壊れやすく作られているために発症します。後天性の場合、何らかの原因で血液中に寄生虫が侵入し、赤血球を破壊してしまう場合に発症します。また、特定の食材、薬品によって赤血球が破壊される場合もあります。

好発犬種は『オールド・イングリッシュシープドッグ』『シーズー』『プードル』『マルチーズ』『イングリッシュ・コッカースパニエル』『アイリッシュ・セッター』があげられます。

好発猫種は『アメリカン・ショートヘアー』『アビシニアン』『ソマリ』の3種があります。

【治療】ホスホフルクトキナーゼ欠損症の治療法

治療は貧血原因とされる物質を取り除く作業です。主に貧血症状が落ち着くまで1~2週間は内科療法を施し、安静にさせます。検査では、肺や肝臓内で引き起る血栓塞栓症、腎臓の尿細管の機能不全、肝細胞の壊死、酸素不足によって引き起こされる不整脈、二次感染症による心内膜炎が発症していないかを調べます。 骨髄の働きが正常になった場合、貧血は解消されます。

【予防】ホスホフルクトキナーゼ欠損症の予防法

ホスホフルクトキナーゼ欠損症の予防法は貧血原因とされる物質(主に玉ねぎ、チョコレート等の食べ物)、薬品を与えないようにすることです。後天性の場合は、飼い主が未然に発症を防ぐことができます。先天性で愛犬・愛猫がホスホフルクトキナーゼ欠損症を発症した場合は、すぐに獣医師に相談し、治療を行いましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる