発症すると意識を失ってしまう?低血糖症にならないためにはどうすればいい?

低血糖症とは血液中の糖分濃度「血糖値」が低下してしまうことにより起こる病気です。脳は血液中の糖分をエネルギー源としているため、血糖値が著しく低下するとその影響を受け様々な症状を引き起こします。

【症状 】低血糖症の症状

低血糖症の症状はぐったりしている、不安症状を起こすなどです。歩いているとふらつくことがあります。また、痙攣を起こし下半身が動かなかったり、意識を失ったりすることがあります。元気、食欲の低下が起こる場合もあります。

【原因】低血糖症の原因

低血糖症の原因は、子犬・子猫、成犬・成猫、老犬・老猫それぞれ異なります。

子犬・子猫の場合

生後3ヶ月までの子犬・子猫が低血糖に陥った場合、体の冷え、空腹、内臓障害による栄養吸収の悪化などが原因として考えられます。性格的に神経質な犬・猫がかかりやすいです。子犬・子猫は肝臓における糖新生機能が弱いといわれているので、6~12時間程度の絶食でも低血糖を起こしやすい為、注意が必要です。

成犬・成猫の場合

5歳以上の犬・猫に多く見られ、空腹、興奮、過度の運動などが原因になることが多いとされます。また、大型犬種(主に、ゴールデンレトリバー、アイリッシュセッター、ジャーマンシェパード等)が低血糖症になりやすい犬種です。他の疾患の二次症状として発生することが多い為、他の病気にかかった場合も注意をする必要があります。

老犬・老猫の場合

7歳以上の老犬・老猫に血糖症が発生した場合、インスリンを生成しているすい臓の腫症が原因となることがあります。その結果インスリンの過剰生成が起こり、必要以上に細胞内に血糖を取り込んでしまうために低血糖症が発症します。低血糖症は特に老犬・老猫に多い症状といわれています。

【治療】低血糖症の治療法

糖分補給(低血糖症治療において最優先される治療法)

子犬の場合はブドウ糖溶液、成犬の場合は消化吸収されやすい食事を与えることで血糖を正常に戻すことができます。ただし、チョコレートは犬や猫が食べると中毒を起こす食べ物として有名です。悪化の原因となるため絶対にあげてはいけません。

内科治療

内科治療では副腎皮質ホルモン製剤が使用されます。血糖値を維持し、いつもの生活が送れるようにしていきます。

基礎疾患の治療

肝臓腫瘍、肝臓の障害など別の疾病によって低血糖症を起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患の部分の治療が施されます。

【予防】低血糖症の予防法

低血糖症を発症しやすい状況を極力作らないようにします。子犬・子猫の場合、常に暖かくし、授乳の回数を増やしたり、成犬・成猫であれば空腹時に運動をさせないなどの配慮が必要です。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる