犬や猫も高血圧になるの?早期治療が大切!早く気づいてあげるために必要なことは??

犬や猫は高血圧の症状を訴えることができないうえに、初期の段階では無症候性であることがほとんどなので、見逃されやすい病気のひとつです。しかし、病状が進行すると目や心臓、腎臓などに重い障害を引き起こす場合があるため、早めに気づいてあげて治療を開始することが大切です。またペットのなかでも犬よりも猫、特に高齢の猫に発症することが多いといわれています。

 

【症状】はじめは症状がわかりにくい

初期にはあまり目立った症状が見られないという特徴があります。元気がない、何となく痩せてきた、食欲の低下、多飲多尿、便秘、嘔吐などで、高齢の場合には老化現象だと思ってつい見逃してしまいがちです。

血圧が正常値を超え血管に過度な負担をかけるようになると、目、腎臓、中枢神経、心血管、循環器系と、複数の器官に影響を及ぼします。特に猫は、急性失明や高血圧性網膜症など、眼組織に多く障害が見られます。その他には、腎機能の低下や心機能低下といった合併症が引き起こされる場合もあります。

 

【原因】他の病気が引き金に

ペットの高血圧は、腎疾患や肝疾患、甲状腺の疾患など他の疾患が原因であることがほとんどであるといわれています。これを続発性高血圧(二次性)といいます。特に猫の場合は、腎疾患や甲状腺疾患が要因となることが多いようです。

 

【治療】血圧降下のための投薬が基本

基本的には、降圧剤を投与して血圧を下げる治療を行います。

また、高血圧の症状が腎疾患や肝疾患、甲状腺の疾患もしくは糖尿病など他の病気によってもたらされている場合には、それらの疾患の治療も併せて行います。

動物の場合は症状がわかりにくいですが、早期発見して治療を開始すれば対応が可能ですので、普段から様子をよく観察して、定期的に病院で診察を受けるのがいいでしょう。

 

【予防】高齢になったら定期検診を

高血圧は特に高齢の猫によくみられる疾患ですので、8~10歳位になったら病院で定期的に血圧や眼圧を含めた検診を受けるようにしましょう。また、高血圧の原因となる腎機能や甲状腺の異常がないか確認し、もし発症が認められた場合には早急に治療を受けるようにしましょう。

子犬・子猫の頃から栄養バランスのいい食事を与え、体重を管理することで、高齢になってからの健康を守ることができるでしょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる