心臓が正常に働かなくなってしまう恐ろしい病気!僧房弁閉鎖不全症

僧房弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)とは僧房弁「心臓の左心室と左心房という部屋を区切っている2枚の薄い弁」に障害が起こり、正常に働かなくなってしまう病気です。普通心臓は拡張時に左右の心室が拡張したり、閉鎖したりして血液を心臓内に留めることができますが、発症した場合、心臓収縮時に僧帽弁が閉鎖しなくなり、心房への血液が逆流してしまいます。症状が進行すると心臓が正常に働かなくなってしまいます。

【症状】肺水腫を引き起こす僧房弁閉鎖不全症の症状

僧房弁閉鎖不全症の症状は、咳、すぐに疲れる、すぐ息がきれる等です。症状が進行すると肺水腫を起こし呼吸困難が起こることがあります。僧房弁閉鎖不全症は年齢とともに発症しやすい傾向にありますが、場合によっては4~5歳で症状が現れることもあります。発症後の症状回復は難しい為、心筋に障害がおよぶ前に、治療を行うことが非常に大切です。

【原因】僧房弁閉鎖不全症の主な原因

僧房弁閉鎖不全症の原因は粘液腫様変性だと考えられています。僧帽弁閉鎖不全症はどのような犬種・猫種にも起こりえます。しかし小型犬は特に発症例が多く、また比較的症例の多いものには特定の犬種が見られることから、遺伝子との関連が推察されています。 代表的な犬種には『シーズー』『マルチーズ』『ヨークシャー・テリア』『キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル』等があります。猫の場合、発症しやすい猫種はありません。

【治療】僧房弁閉鎖不全症の治療

僧房弁閉鎖不全症を完治させることは大変難しく、今現在効果的な治療法はまだ見つかっていません。しかし症状の緩和と病態の進行を抑えることができる内科治療は、多くの動物病院で行われています。治療の内容は、食事、運動そして体重の制限です。その他に血管拡張剤の投与があります。肺水腫を発症している場合も同じ治療法が行われます。

【予防】僧房弁閉鎖不全症の予防

僧房弁閉鎖不全症の予防法は普段から飼い主が愛犬・愛猫の体調を気遣ってあげることです。例えば「呼吸がゼーゼーと苦しそう。」、「咳が酷くて眠れない。」、「胸と腹に水が溜まる。」、「この頃散歩に行きたがらない。」といった症状が現れる場合、それらを少しでも軽減し、毎日過ごしやすくしてあげることが大切です。 漢方薬やサプリメントで補うことによって、心臓にかかる負担を減らすことができます。これから愛犬・愛猫の心臓の機能を強化させていきましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる