高齢で未去勢の雄犬はかかりやすい、前立腺肥大ってどんな病気?

雄犬の前立腺の病気で一番多いのが前立腺肥大です。高齢犬(6歳以上)に多く、原因についてはまだはっきりと解明されていませんが、加齢とともに男性ホルモンのバランスが崩れることが要因のひとつと考えられています。また、去勢手術を受けていない犬が発症しやすい傾向にあります。

 

【症状】肥大が進むと排泄が困難になる

前立腺肥大にかかっても、初期ではあまり目立った症状が見られないことがほとんどです。しかし徐々に骨盤内で肥大が進んでくると、尿道や直腸などの周りの臓器を圧迫して便や尿が出にくくなります。何度もトイレに行くのに排泄量が少なかったり、出にくいために時間がかかったり、便の形状が変化したり、血尿が出ることもあります。排尿とは無関係に尿道から血のような分泌物が出る症状が見られることもあり、また細菌感染も起こりやすくなるため、細菌性膀胱炎を併発する場合もあります。

 

【原因】ホルモンバランスの崩れが要因の一つ

前立腺とはオスの膀胱の後方で尿道を囲むように存在している臓器で、前立腺液を生産する役割をしています。前立腺肥大の原因はまだよくわかっていませんが、加齢にともなって男性ホルモンのバランスが崩れることが要因のひとつであると考えられています。そのため年齢が上がるにつれて発症しやすくなり、また去勢をしていない6歳以上の中高齢のオスに多く見られる病気です。

 

【治療】一番有効なのは去勢手術

肥大がまだ進んでおらず小さい場合には、ホルモン剤を投与して肥大の症状を抑えることができます。便秘を起こしているときには、繊維質の多い食事療法を取り入れて改善をはかる方法もあります。しかし、こういった治療での効果は一時的なものであり、また前立腺肥大が腫瘍化するおそれもあるため、繁殖の予定がない場合には去勢手術を受けることが一番有効な方法です。去勢手術を受ければ、数週間から3カ月くらいで前立腺肥大が治癒する場合がほとんどです。

 

【予防】病気予防としての去勢手術

ホルモンや年齢と関係の深い病気なので、予防の観点から病院と相談しながら去勢手術を考慮することも一つの方法です。前立腺肥大のほかにも精巣腫瘍などの病気を防ぐことが期待できるので、繁殖を希望しないのであれば高齢になる前に去勢手術を受けさせたほうがよいという考え方も増えてきています。

去勢手術を受けていない高齢犬であれば、ふだんから排泄時のチェックを行うようにしておくと早めの発見につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる