子宮蓄膿症は早期発見が大事!症状や予防法について

子宮蓄膿症は、細菌感染によって子宮の内部に膿がたまる病気です。まれに若い年齢でも発症することがありますが、たいていは高齢のメスに多く見られます。症状が進むと尿毒症や腎不全などほかの疾患を引き起こすことがありますが、避妊手術で子宮摘出することにより予防することができます。

 

【症状】多飲多尿や下腹部の分泌物

初期の段階ではこれといった症状が現れません。病気が進行するにつれて、食欲がなくなる、元気がなくなる、嘔吐や下痢などの症状が見られるようになります。これらの症状は、細菌感染による毒素が影響しているものです。また、水をたくさん飲むようになったり、排尿の量が増えたりといった症状も多く認められます。陰部から分泌物(膿)が出てくることもあり、腹部に膿がたまって膨らむこともあります。放置すると、尿毒症や腎不全などを発症するケースもあります。

 

【原因】細菌が子宮に侵入する

発情期後の免疫力が低下する時期(黄体期)に細菌が子宮に入ると、増殖しながら炎症を起こして膿がたまります。しばらく生理がなかったのに、しばらくぶりに来た後には特に注意が必要です。原因となる細菌は、大腸菌、サルモネラ菌、ブドウ球菌などで、ホルモンバランスが崩れた老年期にも発症しやすくなります。

また、犬ほど多くありませんが猫も子宮蓄膿症にかかることがあります。

 

【治療】最善の方法は外科手術

治療は、一般的には外科手術によって子宮の摘出を行いますが、内科的治療で膿を出す場合もあります。しかし、投薬などの内科的治療では症状は抑えることができても、子宮内に膿が残ってしまうこともあり再発する可能性があります。よって最善の方法は外科手術といえ、早い段階で手術が行われればほとんどが助かります。

 

【予防】避妊手術で予防できる

子宮蓄膿症は避妊手術を受ければ予防することができます。ただし、卵巣のみ摘出した場合にはこの病気にかかる可能性が残ります。また適切な時期に手術を行えば、乳腺腫瘍などのメス特有の病気を予防することもできます。出産予定がないのであれば、病院でよく相談して手術を受けるのが望ましいでしょう。

避妊手術を受けないのであれば、異常を早期に発見できるよう日頃から愛犬の体調に気を付けてあげましょう。特に生理後の体調に変化がないかよくチェックするといいでしょう。子宮蓄膿症は、早めに気づいて手術を受ければ治る可能性の高い病気です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる