オスにしか発症しない前立線炎の原因と治療法について知ろう!

前立腺炎とは、生殖器の一部である前立腺が細菌感染を起こすことで発症する病気です。犬の前立腺炎には急性と慢性のものがあります。また、病原体の感染による急性又は慢性の炎症で膿瘍を併発する前立腺炎の場合とそうでない場合があります。前立腺(ぜんりつせん)とは、膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在しているオスにのみある生殖器なため、発症するのもオスだけになります。

【症状】前立線炎の症状

急性で発症したオスの犬は、発熱や嘔吐と下痢の症状がみられ、食欲が落ちることが良く見られます。炎症から激しい痛みと排尿障害が起きて、尿が出ても濁っていることや、臭いがきつくなることもあります。痛みが強い時は背中を丸めて動かない状態になることや、下腹部を触られるのを嫌がることもあります。反対に慢性の場合、明らかな症状が現れず気づかないことがあります。前立腺が肥大することもなく無症状ですが、気づかないうちに細菌が広がるリスクもあり、膀胱炎や前立腺膿瘍などを併発しやすくなります。

【原因】前立腺炎の原因

前立腺炎は、細菌が尿道に入り込むことで、前立腺が細菌感染を起こします。尿道などの治療のため、挿入した医療器具が原因となって前立腺炎となる場合もあるようです。また、前立腺で繁殖した細菌が膀胱へと広がると、膀胱炎になることも少なくありません。また、前立腺炎は高齢の犬に多く発症します。原因となる菌として多いのが、『大腸菌』、『ブドウ球菌』、『ストレプトコッカス』、『プロテウス属』、『クレブシエラ・ニューモニエ』、『エンテロバクター属』、『ヘモフィラス属』、『シュードモナス属』、『パスツレラ』などの菌です。

【治療】前立腺炎の治療

前立腺炎に最も効果があると言われているのが、抗生物質や抗菌薬と言われているので、これらを投与することが多いです。また、去勢にによって男性ホルモン(テストステロン)の分泌を抑えることで、前立腺が退縮して炎症が起こらなくなります。この治療は再発する確率を低くすることが出来るので最良と言われています。繁殖をしたいなどの望みから、犬の去勢を望まない場合は、手術の代わりに前立腺の退縮を促す薬を投与することがあります。

【予防】前立腺炎の予防

前立線炎は予防が難しい病気ですが去勢手術を行うことは前立腺炎の予防には効果的です。なぜなら、未去勢の犬はホルモンバランスが崩れて前立腺疾患の原因になるからです。しかし、去勢をしたからといって100%発症しないとは限りませんが、発症する確率は限りなく低いです。慢性前立腺炎の場合は、無症状なので定期的な健康診断をすることをおすすめします。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる