もしも愛犬・愛猫が骨折したら?予防法や応急処置についても知っておこう

犬や猫の骨折は、主に交通事故や高い場所からの落下などによって起こります。なかでも小型犬や子犬・子猫は骨が細いため、とくに注意が必要です。いざというときに慌てないために、ペットが骨折した場合にどのように対処すればよいのか知っておきましょう。

 

【症状】腫れや痛み、歩行障害など

骨折すると患部に痛みや腫れが起こり、熱をもったり内出血を起こしている場合もあります。そのほかの症状は骨折した部位によって異なりますが、痛みなどから歩き方が不自然になったり、食欲の低下、患部を触られるのを嫌がる、しきりに舐める、足の形や向きがおかしくなるなどの症状がみられます。脊椎を損傷している場合は排尿・排便障害が起こります。

また交通事故や落下事故で体に強い衝撃を受けると、骨折と同時に神経や内臓にまでダメージを受けることがあります。このような場合は命にかかわるケースも多く、緊急に治療を受ける必要があります。

 

【原因】交通事故や落下事故

骨折の主な原因は、交通事故や高い場所からの落下、他の犬とのケンカなどです。その他にも、骨に腫瘍があると骨が弱くなり折れてしまう病的骨折や、栄養不足もしくは肥満によって骨が十分に発達していなかったり、激しい運動で骨に力が加わることで骨折するケースもみられます。子犬や小型犬では、イスやソファーの高さでも飛び降りた時に骨折してしまうことがあるので注意が必要です。さらに、子猫や子犬の場合、飼い主と一緒に寝ていて誤ってのしかかってしまい骨折するケースもあります。

 

【治療】骨折の治療法と応急処置

骨折の治療方法は、部位や状態、ペットの年齢や体格によってさまざまです。症状が軽い場合には、手術を行わずにギブスや副木によって患部を固定し骨を癒合させます。外科手術を行う場合には、ワイヤーや金属ピン、プレートなどで骨を固定します。入院となるケースもありますし、いづれにしても経過観察のために通院をする必要があるでしょう。処置後は完治するまで運動を制限しなければなりません。

骨折した場合、できるだけ早く治療を行うことが大切です。万が一気がつかずに放置してしまうと、骨が変な形でくっついてしまったり、のちに変形性骨関節症を発症しやすくなるといった弊害が生じます。歩き方がおかしいなど異変が見られたら、すぐ受診するようにしましょう。応急処置をする場合には、患部にガーゼを巻いてボール紙などを当て、テープや包帯などで固定して病院に連れていきましょう。

 

【予防】骨折の危険がないか見直そう

ペットのいる生活の中で普段から安全に気を付けていても、思わぬ事故はつきものです。事故を防ぐために、日常生活の中で危険な場面はないかもう一度チェックしてみましょう。道路への飛び出しを防ぐためにも外出の際のリードは必須です。落下の危険のある高い場所には登らせないようにし、室内でも段差をなくしたり滑らないようにカーペットを敷くなどして飼育環境を見直しましょう。さらに、小さい頃から栄養バランスの取れた食事と適度な運動を心がけ、丈夫な骨格を作ることも予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる