犬猫の緑内障の原因や治療方法は?予防はできるの??

緑内障とは、眼球の中の圧力(眼圧)が高まることで視神経や網膜を圧迫し、その結果痛み、視力の低下、失明などの障害を引き起こす病気です。失明してしまった後にも高い眼圧のために痛みが続き、眼球を摘出する手術が必要になる場合もあります。緑内障による視力の悪化を防ぐためには早期発見からの治療が必要になりますので、普段から愛犬の様子をよく観察することが大切です。

 

【症状】眼圧が高まることによって出る症状

緑内障は、房水とよばれる眼球の中の液体が溜まり過ぎて、眼圧が高まることにより以下のような症状が現れます。

目をしょぼしょぼさせる、瞳孔が常に開いている、充血している、眼球が膨らんでいるなど、これらの症状に気づいたら病院で診察を受けることをおすすめします。また、痛みによって涙を流したり、まぶたが痙攣したり、頭を触られることを嫌がったりします。嘔吐や、食欲の低下など元気のない状態が続きます。

 

【原因】先天性と後天性

先天的な要因からくる緑内障を、原発性緑内障といいます。遺伝的に緑内障にかかりやすい品種は、柴犬、シーズー、アメリカンコッカースパニエル、マルチーズなどがあげられ、両目とも緑内障にかかってしまう傾向にあります。

他の目の病気が原因となり、後天的にかかるものを続発性緑内障といいます。ブドウ膜炎、前房出血、水晶体脱臼、眼球内腫瘍などは緑内障を引き起こす疾患です。続発性緑内障は、片目だけ緑内障にかかる場合と両目とも罹患する場合とがあります。

 

【治療】まずは眼圧を抑える

点眼薬や内服薬を投与したり、レーザー治療などで眼圧を下げるための処置を施します。しかしながらすでに失明してしまい、なおかつ眼圧による痛みが残っている場合には、眼球の摘出手術が行われることもあります。

 

【予防】早期発見がカギ

緑内障には、残念ながら具体的な予防法がないのが現状です。しかしながら、病院での定期的な検診で、後続性緑内障の要因となりうる疾患がないかどうかチェックすることは、後々の緑内障予防につながるといえるでしょう。

また、緑内障の原因は眼球内の体液が滞ることですので、散歩などの適度な運動や、十分な水を飲ませて利尿効果をはかることで、体液の流れをよくすることができます。

さらに、眼病予防に有効なビタミンCなどのサプリメントを摂取することも、愛犬の目の健康維持の助けになるでしょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる