乾性角結膜炎(KCS)は人間だけでなく犬や猫もかかる目の病気

多くの飼い主の方が悩まされている目の症状に、乾性角結膜炎があります。

ドライアイという名称で知られているこの病気は、人間だけでなく犬や猫もかかる可能性があります。

涙の分泌量が少なくなり、角膜や結膜が乾燥して目の表面に傷ができてしまうのが特徴です。

適切な処置をせずに放置していると症状が悪化し、最悪の場合は角膜に穴が空いたり失明に繋がってしまったりするおそれがあります。

特に犬で多くみられており、パグやヨークシャテリアでは先天性の乾性角結膜炎(KCS)も確認されているため、注意が必要です。

【症状】乾性角結膜炎(KCS)の症状

涙腺から分泌される涙液の量が減少し、目の表面を涙液で覆うことができなくなり、乾燥します。

目やにの増加や白目の充血などの症状がみられ、結膜の肥厚やにごり、結膜からの出血などの症状が引き起こされることもあります。

また、角膜が白く、もしくは黒く濁る角膜炎や色素沈着がみられる場合もあります。

重症化すると、角膜の透明度が低下して視力が低下したり、角膜に穴が開いてしまったりし、最悪の場合は失明します。

【原因】乾性角結膜炎(KCS)の原因

乾性角結膜炎(KCS)の原因には、大きく分けて先天性と後天性のものがあります。

先天性の原因は、臓器の発達の中で涙腺が正常に発達せず、生まれつき涙液の量が少なくなってしまうことが挙げられます。

一方、後天性の原因にはさまざまなものがあり、多くは免疫機能に異常が生じて涙液量が低下する免疫介在性のものです。

ほかにも、ジステンパーウイルス感染症や糖尿病、甲状腺機能低下症などの症状や瞬膜の切除などが原因になることもあります。

緑内障で義眼挿入術後の後遺症としてあらわれる場合もあるため、注意しましょう。

【治療】乾性角結膜炎(KCS)の治療

視診やシルマーティア試験、角膜染色などの検査を行ったのち、状態に応じて目の洗浄や点眼薬の滴下による治療を行います。

人工涙液や免疫抑制剤、抗生物質、粘液溶解剤などの点眼薬が状態に合わせて使い分けられます。

症状が軽度であれば点眼薬で十分コントロールできますが、重症の場合は耳下腺管を移植して唾液を涙液のかわりにする手術が行われることもあります。

しかし、涙を唾液の成分で代替するので合併症が引き起こされる可能性もあり、十分にかかりつけの獣医師と相談して決定するようにしましょう。

【予防】乾性角結膜炎(KCS)の予防

現在、乾性角結膜炎(KCS)の明確な予防法は確認されていません。

日頃から愛犬や愛猫の目をしっかりと観察し、目やにや白目の充血、目を気にする仕草などの症状がないかチェックしましょう。

これらの症状が確認された場合、早めに動物病院へ連れていき、かかりつけの獣医師の診察を受けましょう。

また、愛犬や愛猫の目の周囲を清潔に保ち、目の状態の悪化を防ぐのも重要です。

部屋を加湿して瞼を温め、優しくマッサージすることで涙の油分の分泌を促し、涙の蒸散を防ぐことも可能なので、必要に応じて行いましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる