白内障の原因は老化?原因と予防方法は??

犬の白内障とは、人間と同様に、目の水晶体の一部もしくは全体が白く濁ってしまう病気です。一般的には6歳以上の高齢犬によくみられる病気ですが、2歳以下の犬がかかる若年性のものもあります。年齢に従い徐々に病状が進行していき、ときには視力を失うこともあります。しかし、早期に治療を開始すれば進行を抑えることのできる病気でもあります。

 

【症状】目の白濁と視力の悪化

目が白く濁っているのを見て、飼い主が異常に気付くことが多いでしょう。他の症状としては視力が悪化し、また瞳孔が常に開いている場合もあります。視力の低下に伴い、歩き方がぎこちなくなったり、物にぶつかったり、壁づたいに歩くようになったりします。しかし初期の段階では、住み慣れた家の中で支障なく歩くことができる場合もあり、病気に気づかず発見が遅れることもあります。また不安から、夜泣きをするようになったり、攻撃的になったりするといった例もあります。

 

【原因】先天性原因と後天性原因

犬の白内障のもっとも大きな原因は、遺伝だと言われています。トイプードル・ミニチュアシュナウザー・コッカースパニエル・ゴールデンレトリバー・シベリアンハスキーなど、この病気を好発する品種が確認されており、また遺伝が原因の場合は生後数か月から数年で罹患する若年性白内障である場合が多くなります。

また加齢が原因で発症する、加齢性白内障も多い傾向にあります。

後天性の原因として、外傷や糖尿病、もしくは水晶体に影響を与える他の目の病気など、他の病気によって白内障が引き起こされる事例もあげられています。

【治療】内科的治療と外科的治療

白内障の治療は、病気の進行具合によって分かれます。まだ視力が失われていない段階では、内科的治療として点眼薬や内服薬で症状の軽減・進行の抑制をはかります。症状が進行してしまっている場合や、視力の低下により日常生活に支障をきたしているような場合には、外科手術が行われることになります。

 

【予防】予防策はゼロではない

一般的に、白内障の予防は難しいと言われているのが現状です。

しかし、強い太陽の光から愛犬の目を守るなど、日頃から目の健康に配慮してあげることはできます。散歩の時間を早朝や夕方にするなどして、紫外線から目を守ってあげましょう。また、目の周囲に目やにや涙が出ている時には、そのつどきれいにケアしてあげましょう。雑菌が繁殖して炎症を起こすのを防ぐことができます。

糖尿病など白内障を引き起こす他の病気にかかっていないか、定期的に検査を受けることも、後々に白内障を予防することにつながるでしょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる