目をこすりつける、涙や目やにが出ていたら・・・犬の角膜炎とは?

犬の角膜炎とは、黒目の部分を覆っている透明な膜=角膜に炎症が起きる病気です。角膜炎の症状は「非潰瘍性角膜炎」と「潰瘍性角膜炎」に分けられ、さらに非潰瘍性角膜炎は3種類、潰瘍性角膜炎は2種類の病態に分類されます。角膜炎は悪化しやすく放置しておくと、最悪の場合は視力が低下したり、失明する危険のある病気です。異変を感じたら早期に治療を行う必要があります。

 

【病状】角膜炎の諸症状とは

一般的な症状として、激しい痛みのために目をこすったり、床にこすりつけたりします。また、光をまぶしがる、目をしょぼしょぼさせる、目やにや涙が出るなどの症状が出ることもあります。さらに症状が進行すると角膜が白濁して見えたり、まぶたの痙攣、線状もしくは枝状の毛細血管(パンヌス)が見られるようになります。目をこすりつけるなど、いつもと違う行動が見られたら、放置せずに病院で相談することをおすすめします。

 

【原因】外傷性と非外傷性

角膜炎にかかる原因は大きく分けて二つあります。

ひとつは、ほこりや砂が入る、逆さまつ毛によって刺激を受ける、自分で擦ってしまう、ケンカで角膜を傷つけてしまう、シャンプーが目に入る、などの外傷性の原因です。 品種で言えば、パグ、シーズー、チワワ、フレンチブルドッグなどは、目が大きい、目が閉じづらいなどの特徴から、角膜に傷がつきやすいのでとくに注意が必要といえるでしょう

もうひとつは、犬ジステンバー、犬伝染性肝炎などの感染症やアレルギー疾患、また白内障や緑内障などの角膜炎以外の目の病気による非外傷性の原因です。

 

【治療】基本は点眼薬

基本的には、症状を悪化させないための対症療法として、点眼薬や軟膏を用いた治療が行われます。必要があれば、内服薬や注射を使って治療することもあります。非外傷性原因の場合には、元となっている疾患を突き止めて根本的治療を行っていく必要があるでしょう。

また、失明の危険があったり、生活に重大な支障をきたしているなど、症状によっては外科手術が行われることもあります。

 

【予防】目の周辺を清潔に

愛犬の目の周りによごれや目やに、涙などが見られたら、そのつど取り除いてあげて常に清潔に保つのがよいでしょう。また長い毛や、皮膚のしわが目に触れないよう注意し、日頃から目の状態をよく観察するようにしましょう。目が大きく鼻が短い品種は、もともと目が乾燥しやすいので、点眼するなどして潤いを保てるようにしてあげれば予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる