完治しない病気?~愛犬・愛猫の網膜剥離~

網膜剥離とは網膜の一部、または全てが通常の位置から離れてしまう病気です。脈絡膜は、網膜に栄養を送る存在となっているため、この病気にかかってしまうとうまく網膜に栄養が行き渡らず、神経細胞は壊死してしまい最終的に失明してしまいます。自覚症状がないため非常に気づきにくい病気です。

【症状】表に出てこない症状

犬の場合

犬の網膜剥離の症状は基本的に見た目に現れることが少なく、気づきにくい病気です。病気の症状として、触られたときに驚いたり、物につまずいたり、目が見えないような行動が見られるときは、網膜剥離の疑いがあります。目から出血が見られるときも網膜剥離が疑われます。

犬はもともと視力が弱く、嗅覚や聴力に頼って生活をしています。そのため日常生活にも症状が現れにくくなっているため、些細な変化にも気づいてあげることが早期発見、早期治療につながります。

猫の場合

猫が網膜剥離を発症した場合症状が表に現れることは少く、猫は片目が失明したときでも、もう片方の目に問題なければ支障なく日常生活ができるため、網膜剥離は気づきにくい病気です。

網膜剥離は片目に発症すると、もう片方の目も高い確率で網膜剥離が起こります。早期発見が大切です。開いたままの瞳孔や目の中の出血に気がつくことで、早い段階で異常に気づける場合があります。

【原因】外傷と基礎疾患

網膜剥離の原因は基本的に網膜の一部または全てが通常の位置から剥がれてしまうことが原因と言われています。

その他、眼球に対する外傷などで網膜剥離を引き起こすことがあり、主に事故などによる頭の強打や白内障の手術による外傷などが原因になります。

また、既に糖尿病、進行性網膜萎縮症、先天緑内障(牛眼)を伴った緑内障、過熱性の白内障などの基礎疾患にかかっている場合、これが原因で網膜剥離を引き起こすこともあります。

【治療】レーザーによる治療

網膜剥離の治療は原因になっている基礎疾患がある場合は基礎疾患の治療が優先されます。網膜剥離は完治することはなく、片目に網膜剥離が起こるともう片方の目にも高い確率で起こります。その為、もう片方の目が網膜剥離にならないよう予防としてレーザー治療を施すこともあります。

【予防】早期発見が大切

網膜剥離の有効な予防法は見つかっていません。その他、見た目に症状が現れることが少ないため、少しでも疑いがある場合は眼科検診を受け、早期発見することが大切です。

また、既に網膜剥離にかかってしまっている場合は怪我の原因になる障害物をなくし、ペットが過ごしやすい空間を作ってあげましょう。

 

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる