犬の結膜炎ってどんな病気??

人間同様、目の結膜は外部にさらされているので結膜炎は犬もかかりやすい病気です。日頃から愛犬の状態に注意して、ここで紹介する症状や異常が見られた場合には早期に適切な治療を受けさせてあげましょう。

【症状】炎症による充血と痒み・痛み

結膜とは、眼球を覆っている粘膜のことです。
犬の結膜炎とは、結膜のまぶたの裏側の部分に何らかの原因により炎症が起こる病気で、犬の目の病気では一番多い病気です。
白目が赤く充血し、痒みや痛みの症状が出ます。症状が出るとしきりに前足で目をこすったり、床や壁にこすりつけたりします。また目やにや涙が多くなり、そのために目が開きにくくなったり、まばたきが多くなったりします。眼球が腫れて少し大きくなることもあります。

 

【原因】症状の出方で異なる原因

両目に症状が出ている場合と、片目だけに症状がある場合には異なる原因を考えます。
両目に症状がある場合には、アレルギーや細菌感染、ドライアイ(涙の減少)が考えられます。両目に症状が出た場合には、病気が全身に異常をもたらすことも考えられるので、早急に診察を受けることをおすすめします。
片方の目だけに症状が現れている場合は、ゴミ・ホコリやシャンプー、目の周りの毛といった物理的な刺激が原因であることが考えられます。
また、ポメラニアン・シーズー・マルチーズなどは、逆さまつ毛が原因で結膜炎になりやすいと言われているので、事前に予防できそうなものは飼い主が原因を取り除いてあげるといいでしょう。

 

【治療】原因を取り除いたうえで治療する

目の周りの毛やホコリなど外部の刺激や異物が原因の場合は、それらの原因をまず取り除きます。また、目やにには細菌が含まれているので、しっかりふき取ってから治療を行います。
細菌やウィルスによる感染の場合は、点眼薬や軟膏を使用して治療していきます。人間用の目薬は犬にとって害になるものが含まれている場合もありますので、必ず動物病院で処方されたものを使用しましょう。
軟膏の場合は点眼薬のように流れていかないので視界が狭まり、犬が嫌がる場合もあります。また、細菌やウィルス感染が引き起こした結膜炎の場合は、それらの原因を根本的に治療する必要があります。

 

【予防】日頃の観察やケアが予防につながる

日頃から犬の目の状態をよく観察することを心がけます。とくに長毛種などは周りの毛が目に入らないようにカットしておくことも必要です。
また、シャンプーの際に目に入らないようにすることも予防につながります。
外出した際には草むらや地面付近で目にゴミが入りやすくなるので注意しましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる