進行性網膜萎縮症とは?愛犬へのケアはどうしたらいい?

進行性網膜萎縮症とは、光を感知する網膜が委縮して正常に動かなくなる病気です。視力が徐々に低下して、多くの犬はやがて失明してしまいます。遺伝性の病気であり、発症したら確かな治療法はありません。進行性網膜萎縮症の症状や対応法をご紹介します。

 

【症状】症状がゆっくりと進行する

進行性網膜萎縮症の症状はゆっくりと進行し、初期の段階では正常な目と見分けがつかないので気づかないこともあります。はじめは暗い所で目が見えにくくなり、夕方や夜間の散歩を嫌がったり、物につまづいたり溝に落ちたりと動きがぎこちなくなります。症状が進行してくると、昼間や明るい場所でも見えにくくなり、不安がって動作が緩慢になります。痛みを伴わず症状がゆっくり進むために犬も見えないことに慣れてしまい、飼い主の発見が遅れがちになりやすい病気です。また、二次的に白内障を併発する場合もあります。

発症の時期や進行の速さは個体によって異なるため、若いうちに失明してしまう犬もいれば、中年齢まである程度の視力を維持する犬もいます。

 

【原因】遺伝性の病気

進行性網膜萎縮症は遺伝性の疾患です。網膜にある光を受容する部分に異常が起き、網膜が徐々に萎縮していき失明に至ります。この病気になりやすいとされている犬種は、ミニチュア・プードル、ラブラドール・レトリバー、アイリッシュセッター、コリー、シェットランド・シープドッグ、ミニチュア・ダックスフンドなどがあげられます。

 

【治療】生活面でのケアが大事

遺伝性の病気のため、残念ながら現在治療法はありません。ただ、この病気は痛みを伴わず長期間に渡ってゆっくり進行していくので、犬自身が目の見えない状況に順応しやすいとも言えます。ですので万が一、愛犬が進行性網膜萎縮症と診断されたら、飼い主としては愛犬が不安やストレスをできるだけ受けないよう生活面でケアしてあげるのが最善の対処法です。家の中の家具配置などは頻繁に変えないようにし、犬の行動範囲内に歩行の妨げになるような物は置かない、フードやトイレの場所は固定するなどの配慮が必要です。散歩の時も人通りの多い場所を避け、静かなコースを選ぶようにしましょう。

 

【予防】次世代に病気を引き継がないために

遺伝性の病気であるため、予防法はありません。しいて言うなら、進行性網膜萎縮症の遺伝子検査を受けるなど、繁殖の段階からしっかり計画を立てて発症の危険性を次の世代に残さないことが重要です。飼い主側が犬の健康問題を含めて繁殖計画をしっかり管理しているところを見極めることが、新しく迎える犬の健康を守ることにつながります。

おすすめ商品

白内障目薬CAN-C(キャンC)

白内障目薬CAN-C(キャンC)

CAN-C(キャンC)は犬猫の両方に使用でき、一般用医薬品目薬でも白内障の改善効果があるとして、欧米各国でも認知度が高い白内障目薬です。
副作用もなく発売以降1件も事故発生は報告されていない非常に安全性の高い薬です。

白内障目薬CAN-C(キャンC)の詳細はこちら
キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる