どんな症状?早めに気づいて治療したいチェリーアイという病気

チェリーアイという病気をご存知ですか?聞きなれない病名ですが、どの犬も発症する可能性のある厄介な目の病気です。愛犬への負担を最小限にとどめるためにも原因や症状を前もって知っておき、万が一に備えましょう。

 

【症状】目頭にサクランボのような赤い腫れ

犬の目には、上のまぶたと下のまぶた以外に、ほこりや異物から目を守る役割をする三つ目のまぶた(第三眼瞼)があります。第三眼瞼は瞬膜とも呼ばれ目の鼻側にありますが、その第三眼瞼の裏側にある第三眼瞼腺が炎症を起こして外側に飛び出してしまう症状がチェリーアイ(第三眼瞼逸脱)です。

第三眼瞼膜は刺激に弱く、外に飛び出した状態で乾燥したり、ほこりがついたりすると炎症を起こしてサクランボのように赤く腫れあがります。腫れあがった部分は目に刺激を与え、結膜炎や角膜炎の原因になることがあります。

チェリーアイは片目に起こることが多いですが、両目に起こるケースもあります。チェリーアイを発症した犬は、前足で目をこすったり、涙の量が多くなったり、瞬きが増えたり、目が充血したりといった症状を見せます。

チェリーアイは生後半年から2歳くらいまでの若い犬によくみられます。また、犬に多い病気ですが、まれに猫も発症することがあります。

 

【原因】チェリーアイが起こる要因

通常の第三眼瞼膜は、目の周りにある骨の膜に接着してつなぎとめられています。しかし、先天的にこの接着が弱くなっている場合にチェリーアイを発症しやすくなります。また先天的な理由以外にも、目に外傷を負ったり、目の奥に腫瘍ができた場合にもチェリーアイを起こすことがあります。

 

【治療】腫れた部分を元に戻す処置

第三眼瞼膜の飛び出しが少ない軽症の場合には、腫れを小さくする目的で抗炎症薬の点眼で治療します。

しかし、飛び出している部分が大きかったり、腫れが小さくても再発を繰り返している場合には、第三眼瞼膜を元の位置に戻す外科手術が行われます。以前は切除する手術も行われていましたが、第三眼瞼膜は目を守る涙を作る組織なので、最近では可能な限り温存する処置がとられています。

第三眼瞼膜が飛び出していると涙を作る機能が低下して、眼球が乾燥するために結膜炎や角膜炎を起こす場合があります。その場合にはこれらの症状に対する治療も必要になります。また、チェリーアイの原因が目にできた腫瘍である場合には、その原因を取り除くことも大事です。

 

【予防】早期発見・早期治療を

チェリーアイは、残念ながらこれといった予防法がなく、早期発見・早期治療が最善策です。目の周りの汚れなどはすぐきれいにしてあげる習慣をつけると、異変に早く気づくことができ症状の悪化を防ぐことにつながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる