後頭部の衝撃だけで目が飛び出てしまう眼球の脱出とは何だろう??

眼球の脱出とは、外からの衝撃により眼球がまぶたの外に飛び出してしまう病気です。眼球が外に飛び出るだけではなく、まぶたの腫れや眼球表面が化膿することがあります。外に飛び出した眼球は無防備で傷つきやすく、重度の場合失明することがあります。

【症状】眼球の脱出の症状

始めのうちは眼球の飛び出しが見られます。そのままにしておくと炎症や角膜に乾燥がみられ、さらに進行すると角膜に傷ができやすくなります。そこから細菌をはじめとする微生物が感染して角膜潰瘍を起こすことがあります。ひどくなると視力が低下したり、失明したりすることもあります。眼球が脱出してしまっても眼球自体が外傷を受けていなければ出血は起きません。しかし、飛び出た眼球の白目の部分は真っ赤に充血します。また、飛び出した眼球に引っ張られるため、まぶたや結膜に浮腫ができてしまい、そこから液が出てくることもあります。

【原因】眼球の脱出の原因

眼球脱出は、頭部や眼球に何らかの衝撃が加わったことで起こります。そのため、外傷以外の理由で眼球の脱出が起こることはほとんどありません。頭に対して強い衝撃が加わると、そのはずみで眼球が飛び出してしまいます。通常は急性に発症し、体が小さければ小さいほど、また眼球の露出面積が大きければ大きいほど、発症確率が高まります。好発犬種は、『チワワ』、『シーズー』、『パグ』、『ボストンテリア』、『フレンチブルドッグ』などです。
交通事故や落下事故、犬同士のけんか、物にぶつかる、眼窩内の腫瘍、殴られるなどの衝撃が主な発症原因です。眼窩内の腫瘍は、眼球を入れているソケットである眼窩(がんか)内に腫瘍ができると、内側からの圧力によって眼球が押し出されてしまうことです。

【治療】眼球の脱出の治療

軽症の場合は、まぶたを注意深く引きながら眼球を元の位置に整復します。整復後はしばらくの間、目が斜視を示しますが時間がたつに連れて自然に治っていきます。重度の場合は、まず麻酔をかけ麻酔が効いてきたら角膜に保護ゼリーを塗ります。その後、まぶたを切開して眼球を慎重に眼窩に戻し、まぶたを縫い合わせて元に戻す治療です。眼球が脱出してしまった場合急いで眼窩に眼球を戻してあげることが大切です。

【予防】眼球の脱出の予防

眼球の脱出は予防のできる病気です。後頭部への衝撃を与えないことや交通事故などに注意して散歩をすることが予防につながります。また、犬同士のけんかを防ぐためにも、外出の際は飼い主が犬をしっかり注意して見ておく必要があります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる