まぶたが内側・外側に反り返ってしまう?瞼腱内反症・瞼腱外反症ってどんな病気!?

瞼腱内反症とは、まぶたが内側に入りこんだ状態をいいます。犬のまぶたは通常、内側と外側についている靭帯と呼ばれるケーブルによって保たれてます。しかし、何らかの理由で靭帯が引っ張られたり、緩んだりすることによってまぶたの位置がずれてしまい、主に下側のまぶたが内側に反り返ってしまいます。そして、まぶたが外側に反り返ってしまった状態を瞼腱外反症といいます。

【症状】瞼腱内反症・瞼腱外反症の症状

瞼腱内反症・外反症になると、瞼の痙攣、結膜炎症状(白目が充血する、まばたきが多くなり、涙の量が増える)、角膜炎症状(角膜の表面に慢性的に炎症が発生)になったり、目ヤニが増える等の症状が現れます。

【原因】瞼腱内反症・瞼腱外反症の原因

一般的にこの病気は先天的なものだといわれてます。トイプードル・ヨークシャーテリア・パグ・ペキニーズ・ブルドッグなどの小~中犬種に多く発症します。外反では、シャーペイ・チャウチャウ・ノルウェジャンエルクハウンド・マスティフ・セントバーナード・ニューファンドランドなどの大型犬種が外反をおこします。先天的以外の理由としては、重度の結膜炎や外傷などによるまぶたの変形、目の回りの筋肉や神経の異常などでまぶたの内反・外反がみられます。また、体重減少により眼球の脂肪がへり眼球自体が後ろに下がり前のあまった部分に生じた空間にまぶたが入り込んで内反を起こすこともあります。結膜炎や角膜炎などの眼球での痙攣により一時的にまぶたが反り返ってしまうことがあります。

【治療】瞼腱内反症・瞼腱外反症の治療

軽度の場合、まつげを抜くことによって炎症を抑えることができます。まつげは眼球を刺激しているため、抜くだけでも効果があらわれます。しかし、自宅でまつげを抜くのは危険なため、月に一度動物病院で受診することがおすすめです。重度の場合、まぶたを整形する手術が必要です。犬が1歳未満で、まだ完全には成熟してない状態にあるときは、一時的にまぶたが内側に入り込まないように縫い合わせてしまいます。また、犬が1歳を超え、体が完全に成熟した状態にあるときは皮膚の切除手術が行われます。具体的に、まぶたの下や横の皮膚を切り取って縫い合わせることで、内反したまぶたを強引に正常な状態に戻します。

【予防】瞼腱内反症・瞼腱外反症の予防

瞼腱内反症・瞼腱外反症は先天性異常が原因である為、予防が非常に困難です。その為、日頃から定期診断を受け、ペットの状態を知っておくことが必要になります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる