放っておくと角膜炎や緑内障を引き起こす!水晶体脱臼とは⁉

水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう)とは水晶体(眼球内のレンズ)と呼ばれる透明な部分が本来ある位置からずれてしまい発症する病気です。 通常、水晶体は毛様小帯(毛様体から伸びている水晶体等を支える器官)によって水晶体が自由に動かないように本来ある位置に抑えています。水晶体(すいしょうたい)とは網膜にピントを合わせる役割をしている無色透明の組織です。

【症状】水晶体脱臼の症状

緑内障やぶどう膜炎を起こしていない、水晶体の脱臼のみ症状が現れた場合は、特に目立った症状はありません。しかし、緑内障やぶどう膜炎を伴う場合には、角膜炎や角膜浮腫等が見られ、激しい目の痛み、充血を伴います。症状が進行すると、眼圧が上がり、緑内障が起こることがあります。また、視力が低下し失明するケースも少なからずあります。

水晶体脱臼が発症した場合以下のような症状が現れます。

  • 水晶体が小刻みに揺れている
  • 角膜がむくんでいるように見える
  • 普段よりも頻繁に目元を気にする
  • 水晶体の一部が欠けて見える

【原因】水晶体脱臼の主な原因

水晶体脱臼の原因はまだはっきりとはわかっていません。しかし現在水晶体脱臼は遺伝に問題があると考えられています。生まれつき眼球構造に異変がある場合、成犬・成猫後に発症することがあります。また、発育不全が原因で水晶体脱臼を引き起こすケースもあります。好発犬種として『ヨークシャ・テリア』『ミニチュア・ダックスフンド』『ミニチュア・シュナウザー』『イングリッシュ・コッカースパニエル』『キャバリア・キング・チャールズスパニエル』『ブル・テリア』『ボーダー・コリー』等があげられます。

好発猫種は現在報告されていません。

【治療】水晶体脱臼の治療法

光彩(こうさい:瞳孔の大きさを調節して網膜に入る光の量を調節する器官)の前方で水晶体脱臼が起きている場合、水晶体の亜脱臼や、眼圧上昇等の症状が現れます。その為、水晶体摘出の手術が必要になります。光彩の後方で水晶体脱臼が起きている場合、水晶体の亜脱臼や、眼圧上昇を伴わないため、保存療療が選択されます。保存治療の内容は、点眼薬(縮瞳作用のあるもの)を定期的に数回に分けて点眼する等の治療を行います。水晶体脱臼が光彩の前方で発症した場合、手術での摘出が可能ですが、後方で水晶体脱臼が発症した場合、摘出することは非常に困難になります。

【予防】水晶体脱臼の予防法

水晶体脱臼を予防することは非常に困難なことです。しかし早期段階で発見し、治療を行えば症状を緩和、症状を遅らせることができます。上記で説明したような症状が現れれば、すぐに動物病院で検査を受けましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる