発症すると目が白く濁ってしまう!角膜ジストロフィーはどんな病気?

角膜ジストロフィーとは白い無機物質(カルシウム、コレステロール等)が角膜に付着して、角膜が白く濁る症状です。初期段階は左右対称で白濁点が現れ、症状が進行すると眼球を青白く覆ってしまうというものです。愛犬・愛猫ともに発症する疾患です。発症しても痛みがないため、飼い主が気づかずに症状が進行してしまう場合があります。

【症状】角膜ジストロフィーの症状

角膜ジストロフィーの症状は普段は光を通すために透明になっている角膜が何かの異常で、左右対称で白濁点が現れるというものです。片方だけ発症するということもあれば、両眼とも発症する場合もあります。カルシウム等の白い無機物質が角膜に付着する為、角膜表面がでこぼこになり視覚障害が現れることもあります。重症の場合は、眼球が青白く濁り、視覚障害が現れます。失明することは滅多にありません。その他、痛み症状はありませんが、羞明(光を嫌がる)傾向があります。

【原因】角膜ジストロフィーの主な原因

角膜ジストロフィーは眼球の先天性疾患です。初期段階では小さな白濁点程度ですが、進行するにつれて角膜を青白く覆います。遺伝性の為、効果的な治療法は現在わかっていません。角膜ジストロフィーが現れやすい代表的な犬種としては『シェットランド・シープドッグ』『シベリアン・ハスキー』『チワワ』『アメリカン・コッカースパニエル』『エアデールテリア』『キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル』『ミニチュア・ダックスフンド』『ビーグル』『ボストン・テリア』に症状が現れやすいと報告されています。猫の場合、現在確定された猫種はありません。

【治療】角膜ジストロフィーの治療法

残念ながら、角膜ジストロフィーは目薬、軟膏等の治療では完治しません。症状が進行し、生活に著しい支障をきたしているような場合、外科手術が行われます。方法は患部表面の角膜を切除するというものです。しかし手術後に再発する可能性が高く、青白濁沈着した患部に潰瘍ができることもあります。例えば、「最近涙を流すことが多くなった。」「両眼が同じ方向を向いていない。」「眼球が充血している。」等が現れた場合潰瘍の可能性が高いです。手術後に、これらの症状が現れたら、必ず動物病院で診断を受けましょう。

【予防】角膜ジストロフィーの予防法

角膜ジストロフィーの予防法は重症例以外は、対症療法が行われます。具体的には、炎症悪化を防ぐための抗炎症薬の投与、二次感染を防ぐための抗生物質の投与、眼球への負担を防ぐための運動制限等です。角膜ジストロフィーは早期治療で症状の進行を抑えることが出来るため、普段から飼い主が愛犬・愛猫の目に異常がないか観察することが必要です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる