続発性脂漏症ってどんな病気?予防するために気をつけることは?

犬の脂漏症には、遺伝性疾患の原発性脂漏症と、他の病気などの原因によって二次的に発症する続発性脂漏症があります。続発性脂漏症の原因には、アレルギーやホルモン分泌の異常、高齢による免疫力低下、寄生虫やマラセチアの感染などがあげられます。

 

【症状】乾性と油性のふたつの症状

続発性脂漏症には、乾性脂漏症と油性脂漏症の二通りの症状があります。

乾性脂漏症は皮膚が乾燥してフケが異常に増え、脱毛が起こります。毛が薄くなり乾燥した地肌が見えることもあります。油性脂漏症は、皮膚や被毛がベタベタと脂っぽくなり、体臭もきつくなります。大量の皮脂によりかゆみをともなう場合もあります。他の皮膚炎を併発しているケースも多く、細菌性感染症を起こしていると、発疹や脱毛がみられることもあります。脂漏症は全身のどこにでも発症します。

 

【原因】皮膚の新陳代謝が早まることで起こる

続発性脂漏症の原因には、アレルギーやホルモン分泌異常、高齢による免疫力低下、寄生虫やマラセチア(カビの一種)の感染などがあげられます。これらの原因により、皮脂の角化と皮脂の代謝が極端に早いサイクルで起こってしまうことで発症します。また脂肪分を多く含むフードを多量に摂取している場合も、続発性脂漏症を引き起こすことがあります。

 

【治療】症状に合わせた治療法

続発性脂漏症の治療は、原因を特定して症状に応じた治療を行います。かゆみをともなう症状であればステロイド剤を使用し、新陳代謝を正常に調整するビタミン剤やサプリメントを与えることも有効です。シャンプーや保湿剤も、保湿効果の高いもの、フケを洗い流すもの、においを抑えるものなどを症状に合わせて使用します。基礎疾患が原因である場合にはそちらの治療も同時に行います。

 

【予防】良質なフード選びも予防につながる

続発性脂漏症を予防するには、二次的に脂漏症を引き起こす病気を予防、あるいは早期治療することが大切です。ストレスの少ない環境を整え、適度な運動とバランスのよい栄養摂取で健康管理に気を配りましょう。与えるフードが原因でホルモン分泌の異常が生じることもあるので、含まれる脂肪分が多すぎずかつ少なすぎない良質のフードを選ぶ必要があります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる