骨がもろくなる上皮小体機能亢進症ってなんだろう?

上皮小体機能亢進症は、上皮小体は副甲状腺とも呼ばれていて、甲状腺上部の左右にあります。血液中のカルシウムが正常にもかかわらず、副甲状腺ホルモンが必要以上に作られてしまう病気です。そのために、骨の中のカルシウムが減少して骨そしょう症(骨がやせてもろくなり骨折しやすくなる病気)になったり、腎結石(腎臓や尿管に結石が生じる病気)、消化性かいよう(胃・十二指腸などにできる)、膵炎などを引き起こすことがあります。

【症状】上皮小体機能亢進症の症状

上皮小体機能亢進症の症状は、食欲が低下して元気もなくなります。嘔吐や水をたくさん飲んで排尿量が増える多飲多尿がみられ、症状が進むとカルシウム量が減少して骨が弱くなり、骨折や筋肉萎縮で震えが出る場合や、尿結石などさまざまな症状が見られます。また、典型的症状があり、これは腎尿路結石や骨病変などです。しかし最近では、あまり典型的な症状がみられることはありません。

【原因】上皮小体機能亢進症の原因

上皮小体から分泌されるパラトルモンと呼ばれる副甲状腺ホルモンの分泌が異常に増えてしまう状態で、この過形成は原発性といわれ、カルシウムの代謝に異常が出て、骨や腎臓に影響が出て発症します。腎臓性の場合、原因は腎機能の低下です。必要なカルシウムが尿と一緒に排出され、これを補うためにパラソルモンの分泌が増えてしまいます。栄養性の場合、食事の栄養バランスが悪かったり、運動不足、日光不足が原因として上げられます。また、皮小体にできた腫瘍や癌、傷などが原因で発症することがあります。

【治療】上皮小体機能亢進症の治療

発症の原因によって治療方法が異なりますが、原発性の場合は外科的切除が唯一の治療法なため、外科手術で上皮小体の切除をします。術後は必要に応じてカルシウム剤を投与し、カルシウム濃度を調整します。腎性の場合はカルシウム製剤とビタミンDを投与します。栄養性の場合は食事内容を見直し改善します。カルシウムを適度に含む処方食なども有効です。

【予防】上皮小体機能亢進症の予防

不必要なおやつは避けたり過度の食事を無くし、リン酸塩を含まない素材に切り替えます。食事はバランスのとれた食事にするように心がけ、適度な散歩を心がけたり犬に日光を当てたりすることが大切です。犬が日光に当たることでカルシウムの吸収が促進されるため、日中に適度な運動をさせたり、日光浴ができる場所を作りましょう。また、早期発見早期治療ができるように普段の生活からペットの健康管理をしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる