慌てずに対応するために・・・耳血腫の原因と症状をご紹介

耳血腫とは、犬の耳介(耳たぶ)が内出血を起こし血液や分泌液が溜まることによって膨らんだ症状を指します。ふくらんだ見た目ですぐわかる耳血腫ですが、どんな原因で起こるのか、どんな治療が行われるのか、予防法も含めてご紹介します。

 

【症状】耳介が腫れる

犬の耳には、軟骨と皮膚からなる耳たぶのような耳介という部分があります。その部分が何らかの原因で内出血し、腫れてしまう病気が耳血腫です。腫れた部分には血液が溜まり、見た目でもすぐわかるくらいに膨らんで熱を持ちます。痛みやかゆみを伴うため、痒がって頭を振ったり耳を触られるのを嫌がるようになります。耳血腫にかかると、症状が治癒した後にも軟骨が委縮したり変形しているために耳の形が変わってしまう場合も多いです。

 

【原因】耳血腫が発症する様々な要因

耳介に血液が溜まるのにはいろいろな要因が考えられています。耳ダニ感染症や外耳炎、アトピー性皮膚炎、アレルギーなどにより痒みが生じ、耳をかきむしったり頭を強く振ること血管が損傷して発症することがあります。また、耳を強くぶつけたり、ケンカなどで耳を咬まれたときにも起こります。その他にも、前述したような外部的刺激を受けていないのに、耳介内部で出血を起こす自己免疫疾患が要因となって発症するケースもあります。

 

【治療】溜まった血液を抜く治療

耳介に溜まった血液や体液を抜くための治療が行われます。腫れが小さい場合は、注射針を患部に刺して吸引します。血腫が大きい場合は、切開手術や耳にバイパスを通す方法で排出します。施術後は炎症を防ぐための抗炎症剤や、細菌による二次感染を防止するための抗生物質を投与する内科的治療が行われます。また、患部を傷つけないようにエリザベスカーラーを付けて耳を保護します。これらの処置に加えて、痒みの原因となった外耳炎などがあれば同時に治療を行う必要があります。

 

【予防】原因となる病気の予防

明確な予防方法がない耳血腫ですが、外耳炎や耳ダニ感染症などの耳のトラブルから耳血腫になるケースが多いので、もしもこれらの疾患が見られれば早めに治療しておきましょう。外傷に気を付けたり、耳の清潔にも配慮しながら、耳血腫になってしまう前に防ぐようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる