一番多い耳のトラブル、外耳炎ってどんな病気?

外耳炎は、細菌や真菌、寄生虫などによって、耳の中の外耳道に炎症が起きる病気です。一度外耳炎にかかると、完治したと思っても再発率が高く、その後何度も繰り返してしまう場合が多いとされています。やっかいな外耳炎、原因や予防法を知って万が一に備えましょう。

 

【症状】ベタつきとにおいのある耳垢

外耳炎にかかると、ベトベトしてにおいのきつい耳垢がたまりやすくなります。かゆみや痛みを伴うので、耳を掻いたり、床にこすりつけたり、首を振ったりするしぐさが増えます。炎症が慢性化した場合、皮膚に厚みが出て外耳道をふさいでしまうこともあります。また耳の奥へと広がってしまうと、中耳炎や内耳炎を起こして聴力に異常が出る場合もあります。外耳炎は耳のトラブルの中でも最も多い病気ですので、おかしいと感じたら念のため病院へ連れていきましょう。

 

【原因】外耳炎を引き起こす様々な要因

外耳炎にかかる原因はさまざまです。細菌や真菌が耳垢の中で繁殖する場合や、ヒセンダニの寄生による場合のほかに、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎のような全身性の皮膚炎に伴って外耳炎を発症する場合もあります。また、耳に異物が入ってしまったり、腫瘍ができたことで外耳道が狭まり外耳炎になるケースもあります。

また犬種の中でも、耳が垂れていたり、耳の中に毛が生えているタイプは、耳の中の湿度が上がって細菌や真菌が繁殖しやすく外耳炎にかかりやすいといわれています。ミニチュア・ダックスフンド、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、アメリカン・コッカー・スパニエル、シーズー、ヨークシャーテリア、プードルなどは、耳の特徴から外耳炎にかかりやすいので注意が必要です。

 

【治療】根気よく治療すること

外耳炎の治療には耳の洗浄が効果的です。それと同時に、原因となっている病原菌に対する治療も行います。細菌や真菌が原因であれば抗生物質や抗真菌剤を使用し、ダニの寄生の場合にはダニ駆除薬を投与して治療を行います。全身性の皮膚炎の場合にも根本的な治療が必要です。外耳炎は慢性化しやすく再発率も高い疾患なので、しっかりと根気づよく治療を続けていくことが大切です。

 

【予防】耳垢がたまっていないかチェック

普段から、耳垢がたまっていないか耳の中をチェックしましょう。こまめに耳掃除を行い清潔を保つことが大切ですが、強く掻きすぎて耳の中を傷つけてしまったり、耳垢をさらに奥へと押し込んでしまったりとなかなかうまくいかない場合もあります。そんな時は市販の耳洗浄液でケアしてあげるのもいいですし、かかりつけの病院で健診の際に掃除してもらってもいいでしょう。また、シャンプーの際には耳の中に水が入ったり残ってしまわないようにして、耳の中の湿度が高くならないように注意しましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる