愛犬や愛猫の落葉状天疱瘡とは?その症状や原因、治療法とは?

落葉状天疱瘡は、自己免疫の異常によって引き起こされる皮膚病の1つです。

発症すると、顔のさまざまな部位に膿疱やかさぶたなどが形成され、足裏の角質が増殖して肉球が分厚くガサガサした状態になってしまいます。

場合によっては、膿皮症を併発することもあるため、注意しなくてはなりません。

犬や猫の皮膚病全体で見るとまれな病気ですが、免疫異常が原因で引き起こされる皮膚病である天疱瘡の中ではもっとも多くみられます。

中年齢の犬でみられることが多い病気ですが、まれに猫でもみられることがあると報告されています。

【症状】落葉状天疱瘡の症状

落葉状天疱瘡は、主に顔面に症状があらわれます。

主に鼻筋やまぶた、耳たぶなどの箇所に膿疱や赤み、かさぶたが形成され、肉球が分厚くガサガサに変化することもあります。

全身の皮膚に症状が広がることもあり、この場合は腹部や体にも膿疱やかさぶたが形成されます。

また、かゆみがあらわれることはあまりありませんが、場合によっては全身性のかゆみがみられることもあります。

【原因】落葉状天疱瘡の原因

落葉状天疱瘡の主な原因は、すでに軽く触れているように免疫機能の異常です。

表皮の角質細胞は、デスモコリン1というタンパク質で繋がれています。

正常な状態なら特に問題ありませんが、免疫機能に何らかの異常が起きている場合、デスモコリン1を攻撃対象とした抗体が体内で作られてしまいます。

その結果、作り出された抗体がデスモコリン1を攻撃し、さまざまな症状が引き起こされます。

【治療】落葉状天疱瘡の治療

ステロイド薬をはじめとした免疫抑制薬を使い、過剰に働いている免疫機能を抑える治療が行われます。

必要に応じて外用薬の塗布や薬浴が行われることもあり、薬浴は形成されたかさぶたを取り除いて皮膚の状態を整える目的で行われます。

落葉状天疱瘡の治療は、症状を和らげることを目的に生涯続けなくてはなりません。

治療に対する反応や状態をしっかりと観察し、定期的に診察を受けて調整しながら治療を続けましょう。

また、ステロイド薬は長期的に服用すると、副作用を引き起こしやすくなるため、他の免疫抑制薬とあわせて投与する場合もあります。

長期的にステロイド薬を投与する際は、十分に愛犬や愛猫の様子を観察し、かかりつけの獣医師とご相談ください。

【予防】落葉状天疱瘡の予防

犬や猫の落葉状天疱瘡の予防法は、はっきりとしたものは明らかになっていません。

そもそも犬や猫の天疱瘡自体が、いまだにはっきり解明されていないこともあり、その1種である落葉状天疱瘡も確実に予防するのは難しいといえます。

しかし、落葉状天疱瘡の症状は紫外線が当たると悪化するおそれがあるとされています。

そのため、紫外線をできるだけ浴びないようにすることで症状の悪化を防ぐ効果が期待できます。

愛犬や愛猫が落葉状天疱瘡を発症した際は、できるだけ紫外線を浴びすぎないようにケアしてあげましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる