ドーベルマンの特徴・性格、かかりやすい病気はどんなの?

ドーベルマンの特徴や性格、かかりやすい病気についてご説明します^^

特徴

ドーベルマンは意外と新しい犬種で、19世紀後半のドイツのテューリンゲン州で作出されました。
名前は作出者であるブリーダーの「カール・ルイス・ドーベルマン」に由来します。
新たな犬種「ドーベルマン」はすぐに話題となり、1899年には早くも犬種クラブが設立され、翌1900年にはドイツのケネルクラブに公認されました。

 

警護能力に長け、現在でも“軍用犬”“警察犬”“麻薬探知犬”などとして活躍しています。

 

尚、耳と短いしっぽは生後間もなくの断耳・断尾によるものです。
本来のドーベルマンは垂れ耳で中くらいの長さのしっぽがあり、知られているイメージとは異なる優しい表情に見えます。
ただし、現在のヨーロッパ各国では断耳・断尾ともに禁止されています。

体重は29kg~41kgの大型犬です。

 

ドーベルマンはブラック&タン、ブラウン&タンが公認の毛色になります。
また、眼の周りや鼻・口の部分、胸、足先に模様がある場合もあります。

 

数は少ないのですがブルーなどの毛色もいますが、色素欠乏のため特定の疾病を発症しやすいといわれます。

性格

ドーベルマンは見た目から怖いイメージがありますが、利口で警戒心が強い性格です。
警戒心を解いた時に見せる、優しくて人懐っこく甘えん坊な一面のギャップに魅力を感じる人が多いのかもしれません。

 

噛み癖や引っ張り癖のしつけは早いうちから必要ですが、忠実で好奇心も旺盛なので飼いやすい犬種でもあります。
繊細ではあるが神経質ではない性格で、知的で洞察力があり、訓練による制御がしやすい犬です。

 

しつけは必要ですが、ただし、素人が絶対にやってはいけない訓練があります。それは「襲撃訓練」です。

警察犬などが相手に向って行く訓練の事で、ほとんど一般の飼い主は教える必要がない訓練内容です。

襲撃訓練をすると、何かの拍子に飼い主に対してでも襲撃してしまう場合もあるので、くれぐれも襲撃訓練だけはしないようにしましょう。

お手入れ方法

ドーベルマン独特の、筋肉質で美しい肉体は、十分な運動量で維持することが可能なものです。

活発な犬種なので、運動量はしっかり確保してあげてください。

 

若犬の頃は少なくとも朝晩1時間ずつの運動が必要となります。
警察犬種でもあり賢い犬ではありますが、防衛意識が強すぎると対象になる他人や他犬に対して、思わぬ行動を起こすことがあります。
通りすがりに小動物を追いかけたり、ドッグランで小型犬を追ってしまうことがあるので、しっかりと制御できるよう日々の訓練を行うことが大切になってきます。
運動量が足らないと、愛犬のストレスが溜まりますので、気を使ってあげてくださいね。

 

ドーベルマンの毛質は硬く短毛なので手入れは楽です。
定期的にブラッシングを行うようにしましょう!

 

 

かかりやすい病気

純血種の大型犬一般に起こりやすい疾患として、股関節形成不全と胃捻転があります。

 

股関節形成不全症

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態をいい、股異形成とも言われています。
子犬の頃は症状が見られず半年頃から以上が見られるようになります。

 

症状としては、歩行時に腰が左右にゆれたり、運動を嫌ったり、スキップのようなしぐさをするようになります。
原因は遺伝だったり、成長して股関節に力が加わると骨盤の形成に影響があるとのこと。

 

常に愛犬の様子を見て少しでも様子がおかしい時は医師の診断を受けましょう。

 

胃捻転

胃捻転はなんらかの原因で胃が捻転してしまい、胃の内容物が発行し、発生したガスが胃をパンパンにするほど充満して、その胃が捻転する状態です。
捻転することによって胃は、周りの臓器を圧迫します。
圧迫された臓器は壊死してしまうなど全身に影響を及ぼし、最悪のケースでは死に至ることもあります。
胃捻転を起こした場合には直ぐに処置をしないと、なかなか助からない緊急性の高い病気です。

 

症状としては“吐きたいのに吐けない”・“大量のよだれ”・“落ち着きがなくウロウロする”・“腹部を舐める”・“お腹が腫れる”・“食べたがらない”などです。
原因は“食後すぐの運動”・“ドカ食い”・“胃でガスを発生しやすい食べ物の接種”・“ドッグフードなど胃で急激に膨らむ食事の接種”・“ストレス”・“加齢”・“遺伝”などと言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。

 

はっきりとした原因がわかっていない為、予防方法はありませんがリスクを減らす為にも食後直ぐの運動やドカ食いなどは避けた方がいいでしょう。

 

ブルードーベルマン症候群

正式にはカラーミュータント脱毛症といわれ、毛包の発育異常とメラニンの形成障害を特徴とする遺伝性疾患です。
ブルーやフォーンの被毛を持つドーベルマンに発症する疾患で、脱毛が起こる毛色変異性脱毛症であり、被毛の艶が無くなったり、フケが異常発生したりする等の症状が認められ、全身で脱毛し、脱毛した部分に膿胞が発生します。
一般的には3か月~3歳頃から徐々に発症し、虫食い状態と被毛の淡色化が認められ、被毛が薄くなるのに伴い、フケが出て毛穴の細菌性の炎症を示し、最終的にはカサカサした脱毛となっていきます。

主に体幹に認められ、頭部及び四肢には殆ど認められません。
二次的な細菌感染性の皮膚炎がなければ、掻痒感を感じない事が多いといわれます。

治療に特効的なものはなく、慢性経過をとり被毛が生える期待は薄いといわれます。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる